« 言葉は話者の文脈に属する | トップページ | こうして「国」は戦争へ滑り落ちていく(いつか来た道) »

2012年3月26日 (月)

年金を廃止せよ

年金(pension)は、かつてイギリスで発明された、今や相当古い制度であり、それが大手をふっている現状は、やや誇張的に言えば、平安時代の貴族社会時代に発案実装された制度が、そのまま現代社会に適用されているに等しい。

すなわち年金制度は、今の社会、今の人間状況には、合わない。合わないものをそのまま温存しているから、いろんな問題も起き、また運用の困難度を増している。社会保険庁を悪者に仕立ててすむような、表層的な問題ではない。

さて、現代〜未来の社会において本当に必要なのは、『社会福祉と社会保障の一元化』である。あらゆる福祉とあらゆる保障を、「所得の適正な再配分」(or所得の部分移転)の名の下に一元化する。要するに、お金持ちは年金なんかなくても安楽な老後を送れるし、逆に貧乏人はその原資(年金積立金)すら払えないから、老いてますます暮らしは苦しくなる。医療保険にも、これと同じ状況がある。医療へのアクセスに関し、保険なんか要らない豊かな人たちもいれば、そもそも保険料(健康保険税など)を払えない==保険の恩恵に与れない貧乏人も、決して少なくない。

この一元化により、社会福祉と社会保障関連の行政コストは激減するはずだ。またそのための税源は、消費税はあくまでも最低限のベースと考え、その上に多様な(実質)奢侈税を設けるべきだ。

|

« 言葉は話者の文脈に属する | トップページ | こうして「国」は戦争へ滑り落ちていく(いつか来た道) »

コメント

かつて言っておられた「世界やさしさ革命」ですねっ。

暴力革命の真逆の。

投稿: 南 | 2012年3月27日 (火) 09時06分

せめて食料品には消費税かけないぐらいの粋なはからいがほしい。

投稿: m.hodo | 2012年4月 2日 (月) 20時01分

やっと、あと一つに追い付いて来たぞ

年金、無しにするという方向は、そうだよな、と思います。
払えない人がいるのは分かるもの
それも、この流動の激しい時に、あんなに長期間納め続け
ないと、貰えないなんて全員には無理。

さてそれでは、どうしたらいいのか、は
勉強不足でわからない

この方面も学ばなくては、と
いくつか資料をあたっているところです。

予想としては、ここの本文に落ち着くのかな

simomitu

投稿: 下光博之 | 2012年4月21日 (土) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金を廃止せよ:

« 言葉は話者の文脈に属する | トップページ | こうして「国」は戦争へ滑り落ちていく(いつか来た道) »