« 日本人の心にとって「他者」はいない | トップページ | 動物保護活動の遷移 »

2011年10月23日 (日)

Jobs解毒(補遺1)

Jobsの伝記の内容に関する間接情報によると、Android携帯にはiPhoneの真似をしている部分があるとかで、彼は「私は、Androidを破壊するつもりだ。そのためなら核戦争を行う事も厭わないだろう」と言ったそうだ。

GNUやLinuxなどを代表選手とする、オープンソース/フリーソフトウェアの文化の中で育ってきた人間から見ると、「Jobsって根性悪い人間やなぁ」と思えてしまう。そもそもソフトウェアのパテントは、文明と文化の健全な進展にとって、大障害だ。

差し障りのありそうな方には、あらかじめ言葉の失礼をお詫びするが、「根性の悪い人間はがんで若死にしやすい」という定説が、医師コミュニティに暗黙裡にあるのではないかな。根性の悪さは、人間の体(からだ)にストレスを与える、無形の発がん物質、とも言えるのでは?

コンピュータとネットワークと情報とコミュニケーションの世界でこそ、人間はもっとおおらかに、オープンに生きていきたいね。

|

« 日本人の心にとって「他者」はいない | トップページ | 動物保護活動の遷移 »

コメント

これを読んで、Sun社が、オラクルに、乗っ取られたのは、Java ライブラリの、ドキュメンテーションの翻訳ひどさのせいで、本来なら、英語圏以外の国でも、広まるパワーを奪われたことが、一因なのではと、思ってしまいました。いい加減な翻訳に対する態度も、広い意味では、アン・オープンなのでは?

投稿: alarky | 2011年10月23日 (日) 21時27分

なぜ、人は上に立ちたがるのでしょう?。

気分が良いからですか?。

「何かをした」と自分に思わせたいからですか?。

「生きた」だけじゃなぜいけないのでしょうか?。

投稿: 南 | 2011年10月24日 (月) 09時29分

@南さま

明けましておめでとうございます!
新年をここから始めるとは、思っていませんでしたが
ちょっとしたことから、始めてた読書からそれて、こちらに
進んでしまったので、先に片付けて仕舞います

そうです。あえて何かをする必要はありません!
そんな思いを後押ししてくれる良書だと思います。

「怠惰を手に入れる方法」
Wendy Wasserstein 著
屋代 通子(yasiro mitiko) 訳
築地書館

私的に面白かったのは、世に言う七つの大罪と言うのも
元々は八つが正しくて、纏めたのは四世紀の神学者
エヴァグリオス。挙げてみると、
暴食、色欲、貪欲、悲嘆、憤怒、怠惰、虚栄、高慢。
あとにいくほど罪の度合いが深くなるように並べてある、
から、
何とここのブログでも指摘されているように、高慢がいけない、
に繋がっちゃうのです。

思わぬ所から支持された、気分です。

アイディアは豊富。少なくとも、otokonokoukei では無いですね。
その一点で、買って良かったと思いました。

以前から、何とかここに応援入れられないものか、と、
思っていたので、嬉しいです

なにもしない、も、有り

simomitu

投稿: 下光博之 | 2012年1月 3日 (火) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/53066081

この記事へのトラックバック一覧です: Jobs解毒(補遺1):

« 日本人の心にとって「他者」はいない | トップページ | 動物保護活動の遷移 »