« 貨幣の稀少性と差異 | トップページ | コミュニケーション不能と知学の一般形姿(補足1) »

2011年9月27日 (火)

コミュニケーション不能と知学の一般形姿

コミュニケーション不能のベースにある状態は、「自己」と「他者〜他己」に関する定位の不全、それによる不完全な存在〜宇宙把握である。不完全に把握された存在〜宇宙を前提とする知学(知一般、Wissenschaft)の、知学としての不完全性を暴くことが重要である。

人間の一般的知学の始まりを、メソポタミアとかインドガンジス、中国古古代とすれば、これまでの時間はとても短く、初期的であり、基本に間違いがあっても当然である。知学の歴史は、(地球環境さえ無事なら)、これからの時間のほうが何百倍何千倍も長い。

自己他己定位の不全に由来している存在〜宇宙像の不全は、たぶん数学と物理学においてもっとも顕著であろう。そのことを暴く私自身の試行は、まだ、きわめて不十分なものであるが、しかし基本的なヒントは提示されていると思う。対象知は、人間の態度・姿勢であり、対象そのものをdescribeしてはいない、という知見が考え方の基本だ。

これからのまったく新しい知学によって、技術もまた、正しい方向に変わらなければならない。

-------0928
南氏のコメントへのレスにするより、重要なことなので本文の続きにしよう:
問題は、他者を阻害し、他者を搾取する、ということなんだ。貨幣関係というコミュニケーションレスがまさにそうだし、3.11大災害も、アフリカの強毒性ウィルス(人体)顕現の問題もそう。宇宙開発と呼ばれる粗雑粗暴も然り。自然を、他者として尊重していない。つまり、他者が他者でなくって、勝手にマニピュレイトできるもの、になってしまっている。それはまた、自己が自己にとって自己として自覚されていない、つまり結局自己も、永遠の闇に葬られたまま、彼彼女は毎日を生きている、そういうことの裏返しとしての、勝手にavailableな他者の阻害搾取だ。数学に至っては、素朴な自己概念にすぎない数を、そのルーツを忘れたまま大げさに阻害==絶対対象化している。

すなわち、
他者阻害・他者搾取==自己疎外・自己忘却
である。

|

« 貨幣の稀少性と差異 | トップページ | コミュニケーション不能と知学の一般形姿(補足1) »

コメント

自己VS全宇宙という設定は孤独すぎるし何も産み出しません。

逆に自己が宇宙じゃなかったらどこから来たのだ?。

現代の自然科学は全然科学的ではない。(社会科学も)

投稿: 南 | 2011年9月28日 (水) 10時51分

@iwatani
>それはまた、自己が自己にとって自己として自覚されていない、つまり結局自己も、永遠の闇に葬られたまま、彼彼女は毎日を生きている、そういうことの裏返しとしての、勝手にavailableな他者の阻害搾取だ。

つまり、自分が自分にとって、重要・神秘・不可思議なんだぞ、ということをいつも念押ししていろよ、っていうことだと思います。それを自覚・忘れていなければ、まったく同様に他者を畏敬・尊重する態度を堅固できるはずだと思うのだが。

投稿: ohiya | 2014年10月27日 (月) 00時38分

[訂正]堅固できるはずだと思うのだが。→取れるのだと思います。
思いつきで、難しいことを書いても虚しいね。

投稿: ohiya | 2014年10月27日 (月) 01時32分


だ、か、ら、

自他阻害・自他搾取==自我阻害・自我忘却

なんです、、、って!

どうも、分っていただけない様、

です。

投稿: 分 | 2014年10月28日 (火) 03時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/52847026

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーション不能と知学の一般形姿:

« 貨幣の稀少性と差異 | トップページ | コミュニケーション不能と知学の一般形姿(補足1) »