« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月29日 (月)

ポスト民主主義

前回の「コミュニケーション教育!?!」(+「共和主義」へのリンク)の関連稿です。

独裁国家(一党独裁、一親族独裁、etc.)より、民主主義国家のほうが良いに決まっているけど、民主主義は社会原理の「最終形」ではないと思うんだ。

民主はいいけど、ではその「民」は一体、どんな「民」(たみ)なのか?

明示的共有的自覚的定義は、残念ながらまだないと思うが、implicitでdefaultの定義はある。日本などで、民主主義社会を構成する「民」の定義は、「自由な消費者」、選択の自由、好き嫌いで振る舞える自由を持ち、その自由を侵されない消費者個人だ。またその自由は、これまた暗黙かつデフォルトに、(ほとんどの場合)「トレードへの参加と成功」によってのみ、支えられる。トレードといっても、これまたほとんどの人が持つ交換財は、(健康な状態の)「自己の労働力」、それだけだ。それが売れてないと、自由な消費者のステータスもない。

『トレードの成功によって成立する自由な消費者』、「民」の暗黙デフォルトの定義がこれであるところに、日本をはじめいわゆる先進民主社会の、問題、あるいは病理の、唯一最大の原因があるのではないか?

抑圧よりは、リベラリズムがいいに決まっている。しかしそのリベラリズムの「自由」(liberty)は、何をする自由なのか。買い物(選挙の投票も買い物の一種だ)で、好きなものを買い、嫌いなものは買わない自由、それだけか? しかもその背後には実は、「トレード強迫」という地獄がある。

これでいいのか?

こんな、読者数の少ないブログだけだなく、あちこちで、この、「ポスト民主主義」「ポスト・リベラリズム」が徐々に大きく取り上げられていくために、各自の立場で工夫努力をしていただきたいと思う。虐待死する子どもたちの魂は、われわれに、それを迫っているのだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

コミュニケーション教育!?!

「コミュニケーション教育」でググってみると分かるが、この語は今や(2〜3年前から?)国・文科省のアジェンダになっている。げほげほ、と思わず咳き込んでしまうが、お役所仕事や、日常の学校運営とその細部を、もっともっと人間的に、やさしくアジャイルに、コミュニケイティブにすることが、当のアジェンダにとっても、何億倍も重要な前提でっせ。

単なる技能(スキル)として、あるいは技術(テクニック)として捉えられたコミュニケーションは、もはやまったくコミュニケーションではない。

AppleのSteve Jobs氏がCEOの座を降りてから、まるで亡くなったときの追悼文のような頌辞が世の中に氾濫していた。

だがだが、SJ氏は単に、消費者マーケティングの達人であるにすぎない。そしておかしなことに、この業界には今日まで長年、氏のほかには、単なる技術屋や単なる機械屋のような、おっさん族…anotherオトコの光景…しかいなかったのだ(たとえば巨額で買ったPalmのモバイルOS技術をもてあまして放り投げたHPのCEOの、その顔のどーしょーもないおっさんぶりを見よ!)。なぜだろう? とにかく、だから、SJ氏だけが結果的に突出してしまうのだ。

マーケティングは一般的に、そして消費者マーケティングはとくに、コミュニケーションのアートである。そのアートにより、現代社会の、消費者と呼ばれるちっぽけでひ弱な精神どもを、くすぐり、喜ばせなければならない。SJ氏は、そのアートにおける、ほとんど天才的達人である。iPhone、iPadを持ち出さなくても、たとえば、あの初代iMacのデザインを見てみなさいよ。天才的消費者くすぐりアートですよ。

繰り返せば、なんでこれまで、この程度の、いや、この程度をしのぐ程度のマーケティングアーチストが、業界に、SJ氏以外、ゼロだったのか? それが不思議でならない。

でも、コミュニケーションには、相手を喜ばせる、いい気分にさせる、他者が後になって牙をむかないようにすることも非常に重要だから、SJ氏のマーケティング手法に学ぶことは、コミュニケーション教育の一環として有効だろう。そうやって自然という他者を、ほんとうにだいじにしていれば、今の地震・津波・準制御不能原発という三重苦は、ありえなかったはずだ。

でもね、私の立場は、パーソナルコンピューティングにおいて、そしてパーソナルネットワーキングにおいて、人間は消費者であってはならない!、なのだ。言い換えると、パーソナルコンピューティングとパーソナルネットワーキングにおいては、人間は、それがどんなに優秀なものであっても、単なる消費者マーケティングの対象であってはならない。

PCingとPNingにおいて人間は、すべからく、社会と自然において&社会と自然に対し、共和主義的自主的自発的コミュニケイティブな主体でなければならない。そのための製品化は、Linuxなどを出発点として、可能なはずなのだ。ヒトが消費者でもあることは、ウンチやオシッコすることが生理機能の一部であるように、ヒトの生活の低レベルの、「ごく一部」でなければならない。

今みたいに、(ほんとはひ弱なくせに)でかい面(つら)して大手をふって通りを歩く「主部」--消費者は王様!?!?…であってはならない。

ヒトの主部が消費者であるかぎり、真のコミュニケーション教育は不可能である。

コミュニケーションは消費行為ではなく、その前提となる正しい他者理解他者感受も含めて、ヒトの全身全霊による、たいへんな生産行為である。

…犬たち猫たちが、"ペット"〜"愛玩動物"と呼ばれる消費財(クソッ!)では絶対にないことと、パラレルに。 :)


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

自己論のスケッチ(1−8)--存在の無垢純潔

最近、猫の遺骸を"移葬"する機会があったんだけど、まあ、場所を移すべき事情が発生したので。3週間近く前に、老齢にはほど遠い7歳で肺がんで亡くなったコロンちゃんだけど、掘り出しても分解はまだ始まっていない。やや干からびてちょっと小さくなっている。でも、その、泥だらけの干からびた猫の遺骸は、私の目と心に、「きたない」とか「きもちわるい」とか「かわいそう」とか「悲惨」等々の、ネガティブな印象はまったく与えない。単純に「かわいい」。猫って、死体になってからでも、やはり猫だから、かわいい、という形容しかないんだ、100パーセント。再び移葬する機会はまずないから、そのかわいさは、コロンちゃんから私への、コロンちゃんが私に見せる、最後の、もっともピュアな、メッセージだ。

7年間毎日、ほとんど私がお世話したんだからな。

その、泥だらけの遺骸になっても、まったく損なわれないかわいさは、コロンという「自己」の、アンタッチャブルな無垢純潔を表しているようだ。生きること、生き物として生かされ、やがて死なされる(==生かされることの一部にすぎない)ことには、いろいろ、厄介ごとやつらいことなどがつきまとうが…猫だろうとヒトだろうと…、そんな中にあってそれぞれの「自己」は、ピュアに、≪きれい≫である。そのきれいな、自己と自己から、そのきれいな孤独同士から、本当のコミュニケーションが、芽生え育たなければならないのではないか。

やっぱり、禅を脱構築したような『何か』の、創出と普及が必要か…。この、ともすればとげとげしい社会を、とげとげしくなくするためには。

(オトコの多くがjerkと呼ばれるような状況--小さなすさんだ個--と、先進諸国で児童虐待が頻出する状況は、根っこは同じだ。なんとかしなければならないが、まだ私には名案はない…。)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

オトコの光景・再訪(続)

これは、My Virtual BoyfriendというiPhone/iPadゲームの批評記事の、冒頭パラグラフなんだ:

Dating sucks. Nine out of ten times, your suitor is a jerk. The other ten percent of the time, they pretend not to be a jerk only to show their true jerk-like colors a few weeks later. This is the world we live in, and there’s really nothing we can do about it.

"デートってサイテー"、"オトコって10人に9人はバカよ"、等々。私は現代のアメリカの若い女性では全然ないけれども、でもなぜか、ここに書かれている現実と感覚が、リアルに分かる気がするのだ。だから、これをネタに、今回の「オトコの光景・再訪(続)」を書こうと思った。

このゲームそのものは、タイトルからも想像つくとおり、わりとアホらしいものである。一つ読者コメントを引用すると、どんなゲームか、ずばり分かるだろう:

"こんなの、前からあるわよ。ただし、日本以外では聞いたことないけどね。"

さて本題からずれていくのだけれど、記事にはこのゲームのデモビデオが埋め込まれていて、その音楽がなんと、イギリスの女性パンクボーカリストPoly Styreneのニューシングル"Virtual Boyfriend"なのだ。しかも、亡くなる前月2011年3月のリリースだ。ビデオの作者は、亡くなったことを知らない時点で曲を使っている。

私がよくパンクを聴いてたころは、X-Ray SpexやPoly Styreneの名前は、残念ながら知識でしかなかった。音をよく聞いた女性パンクといえば、Siouxsie & The Bansheesぐらいだったかもしれない。でも、ここで冒頭に引用したJordan Crookの批評文は、まさに、女性パンクの精神そのものではないだろうか。"オトコって10人中9人はバカよ"。

音楽も、女性らしさを売りにするの伝統路線から → 女性を売りにする商業根性への否定、という変化が起きる。その中間、フィフティフィフティが、キャロル・キングぐらいかな。

たぶん私も9人の中に入ってしまうのかもしれないけど、でも私は、国の政治や、原発の設営管理などは、担当してないバカだけんねぇ、幸か不幸か。

哺乳動物ヒトの雄も、これからは「きれいな」生き物になってほしいよな。今は、ほとんど、きれいくない。jerkと言われてもしょうがない。

なお、Virtual Boyfriendの歌詞は、まだどこにもないようなので、せめてその解説記事のリンクを一つ、ここに入れておこう。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

オフビートの哲学

名著と言われる「音楽の基礎」(芥川也寸志, 岩波文庫, 初版1971年8月!!)をやっと読む機会があったが、私個人の感想は、あまり芳しくない。

<quote>
マス・メディアの発達はアメリカ製のロック・ミュージックまで山間僻地に鳴りわたらせ、この影響で日本民謡までウラ拍に手拍子を打つ光景がよく見受けられるが、(中略)、これはじつに滑稽というべきである。
</quote>

ここでウラ拍と呼ばれているものは、いわゆるバックビート、ないしオフビートのことだ。
オフビートを肯定する""思想"とか"哲学"を、言語化すると、どうなるだろう?
(あえて、私からごちゃごちゃ書くのは、とりあえず、やめておこう。)

同書の一読感は「現代の社会・世界は、音楽に意味を見いだしていないのではないか?」という空漠感だ。19世紀、勃興する市民階級の意識を支えた西洋クラシック音楽、前世紀末、新たな個人化&コミュニケーション指向世代の感性を支えたロック音楽、各地の伝統ローカルコミュニティの祭事音楽、等々…このようにしっかりと『意味』のある音楽は、今、もはや、どこにも存在しないのではないか。かろうじて、意味ではなく『意義』のあるものは、各所で行われている脱構築の挑戦、だけかもしれない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

オトコの光景・再訪

##「オトコの光景」は1984年に出版された拙著であり、いわゆる<男性型の>知の構造を、人類の不幸の元凶として批判している。

さて、数年前からわが家の近くの国道沿いには、地元農家の直販店があり、ほとんど当日収穫当日陳列の野菜などが「生産者の氏名入り」で売られている。スーパーマーケットなどで売られている野菜よりは、新鮮・美味・安価である。

この、「生産者の氏名入り」という売り方は、それが始まったときは革命に出会ったかのように感激した。だが、ここでは、それについては論じない。

ここで、なるべくおいしい野菜を入手するコツが、だんだん分かってきた。それは(1)個人名でなく法人名(たとえば「なんとかファーム」のはだめ、(2)男性名のものは当たり外れがある、(3)女性名のものはだいたい良い、だ。

これをもっと別の言い方をすると、(I)商品っぽく頑張って作っているのは--品種の選び方や施肥の仕方に問題があり…まずい野菜になることが多い、(II)自家用の延長のような感覚で作っているもの--たとえば曲がったキュウリや先細のキュウリでも売る態度…はだいたい美味。

さらに別の言い方をすると、色や形が良く、形が整っているのは、だいたい味が悪い。たとえば、施肥過剰になると多くの野菜に苦み(にがみ)が生ずる。長時間流通タイプの品種(遠距離出荷商品用の品種)を選んで作ると、当日収穫ものは食味が硬くて味も熟していない*。

〔*: もちろん、流通過程で“熟した"ものが、おいしいわけではないが。〕

野菜の味には、作っている人の性格・思想・人柄・日常態度などがモロに出るから、男性作のものでも、良品はある。でも、当たり外れが少ないのは、そこらのおばあさんやおばさん作のものである。

というわけで、ここにもまた「オトコの光景」が…。またまた明日は、あのひでえ戦争が終わった「敗戦記念日」であります。オトコどもへの、うらみと嫌悪はつきないね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

内的他者と外的他者

日本の総人口の99%は、下意識を旧共同体性の慣行に支配されているイナカモンだと思うが、このところ15年あまり、某田舎県田舎市に住んで感じるのは、イナカモンにとって他者は自分の中にある、他者は内的他者である、言い換えると他者が自分の外にいる自分とは異なるくっきりとした(distinctな)外的他者として、認識中に確立していないことだ。

言い換えると、日本のイナカモンにとって、他者はつねに、自分にとってavailable(可利用)であると認識されている。いろいろ具体例を挙げるとヤバイ可能性もあるので、いちばん一般的(common)で分かりやすい例を:

イナカのヒトは、ひとの家に「いきなり」来る。たとえば都市部の営業マンにとって、いきなりの飛び込みセールスは、効率が悪すぎるのでタブーである。cold callをしまくって、その商品に「関心がありそうで」かつ「訪問日時のアポイントの取れた」ところを訪ねるのが基本パターンだ。cold callとよばれる電話は、レンジに水を張った鍋を乗せたが、まだ火を着けていない状態--コミュニケーションがcoldな状態だからcold callと呼ばれる。

ところが、イナカの営業マンは、例外なく、そのときの相手の状況や都合におかまいなく、「いきなり」来るのである。

イナカモンにとって、『他者とは、いつでも自分の話を聞いてくれるために存在している物』、すなわち、つねにavailableな物である。

私は、日本の電力技術関係者全員が、『海(などの大自然)という他者は、自分にとってavailableなもの==自分にとって都合良く振る舞ってくれるもの』と信じていたイナカモンたちである、と感ずる。ご先祖が石碑まで立てて、子孫たちに対し禁じたにもかかわらず、平気で低地に家を建ててしまった連中もまた…。

彼等にとって自然は、くっきりとした(discreteでdistinctな)外的他者ではなかった、自己の下意識的慣行中にある、なれ合いの他者==どうにでもなる、自分の好きなようになる(available)他者==内的他者であった、と思えてならない。

歴史神は、人間のhubris、他者に対する傲岸なうかつさ、を罰する。[参考URL]

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

広島長崎原爆記念日

なんだかしらねーが、あんたら全員、その前日までは鬼畜米英!とやらで日本の戦争遂行を大賛成大肯定してたわけだろ? 戦争に、前向きに「のって」たわけだ。無謀で無意味な戦争に反対して牢屋にぶち込まれていた人なら、ちょっと尊敬したくもなるが。あんたら、うまくいって日本がアメリカの中都市などに原爆落としてたら、大喝采したんじゃないの? 一般市民ウン10万も殺すなんて、良くない!、と言えたかな、はたして?

記念日をやめろとは言わないが、原爆投下を招いた責任は自分(たち)にもある、という、責任感と自己反省を前面に打ち出した催事にしないと、このままだとニッポンコクミンまたまた、愚かな戦争に自らを巻き込んでしまうぜ。請け合うよ、それは。神はhubrisを罰する、という説は歴史を見るかぎり、事実的に正しいからな。

愚の催事から賢の催事へ。
一方的な犠牲者ぶりっこだけは、えーかげん、絶対にやめるべきである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

音楽の歴史は人間の歴史の表情にすぎない

岡田暁生著_西洋音楽史「クラシック」の黄昏_の希少価値は、安価な読みやすい本なのに、全7章中3章(240ページ中90ページ)を、“バロックまでの前史"にあてていることだ。その点では、たいへん勉強になる。人名が原語付きで、かつディスコグラフィーが充実していれば、もっと良かっただろう。

全体として浅薄でうるさい印象を与えるのは、音楽の歴史の細部描写には詳しいが、それらとの、人間の歴史との動的絡みが、まったく看過されていることだ。人間と人間社会がこうだったから〜こうなったから、音楽は(も)こうなった、という視点が完全に欠けている。だから、象徴的には、最後の、ポピュラー音楽(クラシックの死以降)への視線は??だし、クラシックの解釈の一部に起きている「脱構築の試み」への着目もない。*

*バッハは3章の最後に登場するが、ここでのバッハ観も、本末転倒というか、お間抜けに倒錯している。バッハの偉大==バッハに対するほぼグローバルな近代人の支持・愛好、という歴史現象/人間的社会的現象の中に、バッハの音楽の本質があることを、本書は完全に看過している。音楽の歴史とは、音の工作物の歴史ではなく、人間の精神の歴史の表現・現れだ。あらゆるバロック期の音楽の中で、バッハの音楽のみ、近代人の精神が託せる、深みや陰影があるのである。

近代・現代人から見て、だいたい各時代、特定の「一人」しかいないことの意味を、もっと真剣に考えてみるべきだ。たくさんいたはずなのに、なぜ今やモーツァルト一人なのか、…、ショパン一人なのか、etc., etc.。これらごく少数の、extraordinary…ordinaryでないもの…は、あくまでも歴史が創りだし、選び出したものだ。音楽の主人公は、音楽でも音楽家でもなく、人間とその歴史である。音楽史は、人間の歴史として捉えなければならない。

まあ、日本の大学の先生の頭が、(表面的細部にやたら詳しいけど)浅くて矮小であまいのは、これに始まったことじゃないけど。

音楽→数(最初は単純な整数)→調和(神や天国の調和)といった、噴飯説は、こっちでちゃんと否定・批判している。数は、神にも自然にも属さず、人の弱い浅い欲深な脳に属すのみ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自己論のスケッチ(1−7)

先日あたり話題にしていた道元・正法眼蔵は、前世/来世説を「外道の邪説」として厳しく退けている。あると言えるものは、この“一回限り"の自己と、その生と、生現象の一部である死*だけである。言い換えると、自己としての自己同一性(identity)のある自己は、この今の一回限りの自己のみである。

*いわゆる‘まだ生きている'ときも、短時間的部分的な死は何度も経験している・経験させられている。自己は生(死)をまったくコントロールできない。ヒトが、自然をコントロールできないのと同じ意味で。だから、前にも書いたが、『自然は愛』なのである。それはつねに、われわれをつつみ、いだいている。その手がたまたま、大地震や大津波のこともありえる。(言うまでもなく、人間は自然の--ごくささやかな--一部である。)

そういう意味で、原発とならび、宇宙開発、宇宙への進出は完全に廃止してもらいたい。人間に残された唯一のフロンティア、圧倒的に最大最深のフロンティア、未着手のまだ完全処女地フロンティアは、人間自身である。宇宙を向く、欲猿のすげー安易な粗雑粗暴を廃し、そっちを向け!

対象知の対象としての宇宙、外的宇宙は、つまらないものであり、愚かな概念であり、退屈の権化である。宇宙ほどずばぬけてつまらない、愚劣な、退屈なものはほかにあまりない。ヘーゲル哲学に「悪無限」というおもしろい概念があるが、外的宇宙は、さしずめ「退屈無限」だ。これまでの宇宙飛行士やNASAの関係者などには、アフリカの飢餓地帯で10年奉仕する罰(恩寵、救い)を与えたい。

自己というものが、それほどまでにかけがえのないものならば、人の腕にたかって運悪く一発でたたきつぶされる蚊の自己とか、幼女を誘拐殺人して迷宮犯人になってしまうやつの自己とか、腹に爆弾を巻かれて自爆テロに行かされる少年や女性の自己とかは、そのかけがえのなさを、どう理解すればよいのか?

この難問の難問たるゆえんは、人間と自然が、まだ人間自身にとって大きな超難問であることと、おそらくパラレルである。まだ完全に未開(==コミュニケーション不能)のフロンティアが、あたたかくやわらかな沃土へと開墾されしあかつきには、すくなくとも、犯罪する自己とテロする自己は生成しないはずである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »