« 禅の盲目と聾唖 | トップページ | 論理と実践 »

2011年6月27日 (月)

禅の盲目と聾唖・補遺

正法眼蔵(道元)は、宗教のテキストとしてでなく、ユニークでおもしろい哲学書として、学生時代に(ところどころを)愛読した本だが、それの、分かりやすい現代語訳をもってしても、盲目と聾唖(コミュニケーション不能)の状況は打開できない。

「いはゆる即心の話をききて、痴人おもはくは、衆生の慮知念覚の未発菩提心なるを、すなはち仏とすとおもへり。これはかつて正師にあはざるによりてなり」(即心是仏)

試訳:
「心==仏、という話を聞いて、愚かな人たちは、一般的な、まだ真理を志していない、日常的な意識や精神の、そのままを、仏だと思うのである。これは、これまで、正しい師に会っていないから、そうなるのである。」

もちろん、自己というものの宇宙的神秘性、神秘的宇宙性、絶対的孤独、時空自己同一性、など(天上天下唯我独尊)を自覚している状態と、ふつうに日常的に意識や心--とりわけ、対象知を指向する!--があることとは、まったく違うが、道元も含め、これまでの禅のテキストも、そのことを教える言説としては非力だ。とくに最大の問題は、それらのテキストで「仏」という語が必ず問答無用、アプリオリに登場することだろう。

そもそも、禅も含め、これまでのあらゆる思想や宗教に、コミュニケーションという問題意識はないからねぇ。だから、修行とか僧籍とか寺とかの形の「盲目と聾唖」に閉じこもるのも、当然か…。うーん、困るね。


|

« 禅の盲目と聾唖 | トップページ | 論理と実践 »

コメント

他の人も言っている事かもしれませんが、世界は一つではない世界は人の数だけ在る、という問題の自覚が必要です。

コミュニケーションとは別々の世界同士をぶつけ合うことでしょうか?。

投稿: みなみ | 2011年6月28日 (火) 08時47分

禅では思わせぶりに言いますが、仏教は、華厳や中論で、これでもかというくらいに他者、関係の中で成立する私という論件を語っています。
盲目聾唖かもしれませんが、ここはむしろ禅よりマシですよ。

投稿: 市川智 | 2011年6月28日 (火) 14時36分

@市川
> 華厳や中論で、
未知の世界を教えていただいて、ありがとうございます。適切な文献等のリンクを教えていただくと、なおありがたいですが。

> 関係の中で成立する
私の勝手な想像は間違ってるかもしれませんが、この"関係"は、いわゆる"縁起"のことではないでしょうか。私の理解では、"縁起"はあくまでも低レベル、対して"コミュニケーション"は高レベル、アプリケーションレベルです。高レベルは、低レベルの内容や構造や意味を再定義します。

投稿: iwatani | 2011年6月29日 (水) 09時54分

仰る通りです。
そして低レベルの関係性が高レベルで再定義される、というのは革命的な意味がありますね。
その通りだと思います。

大乗仏教の「利他行」などは、そういうものの貧弱な実践です。
しかしそこから再定義される「縁起」は、全く違う。

投稿: 市川智 | 2011年7月 7日 (木) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禅の盲目と聾唖・補遺:

« 禅の盲目と聾唖 | トップページ | 論理と実践 »