« 日本の民主党という現象 | トップページ | 自己論のスケッチ(1−5) »

2011年3月 8日 (火)

人格虐待とそのエコノミー

イギリスや日本で"内容のない君主制"という人格虐待が無意識無反省に持続するのは、それによって得られる(と当人たちが思いこむ)エコノミーがあるからだ。

何かを、しなくてすむエコノミー。その精神の怠慢のしわ寄せが、killing Masako, killing Dianaだ。無意識無自覚の残虐。

なんで王子の結婚に騒ぐのか、言ってみろ!と言っても、彼らは理解可能な説明ができない。
(試しに、天皇制擁護者は、その根拠を説明してみろ! 子どもにも分かるように。)

太平洋の片隅の小島の土人たちと、大西洋の片隅の土人たち。どちらも、コミュニケーション能力が立ち後れている。

|

« 日本の民主党という現象 | トップページ | 自己論のスケッチ(1−5) »

コメント

あと、天皇制と被差別部落との相似性(相補性?)が気になります。

この二つは無くなるとしたら同時にでしょう。

投稿: 南 | 2011年3月 9日 (水) 08時14分

島国根性で土人化しちゃうのかなぁ

投稿: 包 | 2011年3月 9日 (水) 16時00分

@南
もっと長い最初の稿には、自分は何もしないというエコノミーのスケープゴートとしていわゆる被差別民も挙げたのですが、たまたまniftyのメンテナンススケジュールとぶつかってしまい、その稿を失いました!!

でも、そっちの差別は、天皇制ほど明示的には残っていませんね。知らん人が多い。

投稿: iwatani | 2011年3月10日 (木) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/51065430

この記事へのトラックバック一覧です: 人格虐待とそのエコノミー:

« 日本の民主党という現象 | トップページ | 自己論のスケッチ(1−5) »