« 障害者 | トップページ | エジプトとインターネット遮断 »

2011年1月24日 (月)

しつこく正しい自然観

何億年か前にメタンと何とかが結合して、最初の生物らしきものができた、とか言うけど、

世界の、宇宙の、存在の唯一のリアリティ、全リアリティの唯一の基盤は「自己」である。一般的な対象知にすぎない従来の科学は、存在のリアリティに到達することなく、リアリティを導出できない。

(哲学に関してはグローバル世界のデフォルトスタンダードであるような哲学は未だに存在しない。)

えーと、だからその科学者某氏の「自己」や、私や、今この文を読んでいるあなたの「自己」や、仕事中は膝に乗ってくるし、昼寝(仮眠)中は必ず胸や腹に乗ってくる猫のココちゃんの「自己」は、メタン化合物とそのその後の歴史過程から導くことができない。

だから、真の知、正しい自然観としては、一般的な対象知ではない知、仮称: 主体知が必要なのだ。
前回の中心的な話題となった、外部対象ではなく「それに対し人間が行った定義」を検討の対象とする知は、そのような主体知の一環である。


|

« 障害者 | トップページ | エジプトとインターネット遮断 »

コメント

本当の意味で役に立つ学問になるのではないでしょうか?。主体知は。

いままでの自然・人文・社会科学は人生の役にはたたないものでしたから。

自己による自己の科学。

投稿: 南 | 2011年1月24日 (月) 10時50分

この「主体知」が可能であるためには、「対象知」という認識の位置のあり方に対する、いわば、四次元空間的な回転操作が必要になると思います。岩谷さんは、このような操作に関して、なんらかの具体的なイメージはお持ちですか?

投稿: 最期の奴隷 | 2011年1月25日 (火) 21時08分

面白くなってきましたね!
やろうやろう、定義しよう!
前人未踏の試み、
ワクワクします!
では、早速、
その「 自己 」ですが、
自己は認識主体である。
この一点のみにしましょう。
理由は、盛り沢山にすると、
後々面倒というか、
混乱のモトになりそう
だから。
という提案は、如何?

simomitu

投稿: 下光博之 | 2011年1月27日 (木) 20時13分

@simomitu
「認識主体」というと、「何を」認識するのかという話になり、その「何を」に、疎外された外部存在/対象物存在が居座りますから、だめでしょう。

最期の奴隷さんも言うように、このテーマは非常に難しいので、結論をあせる必要はありませんが。

投稿: iwatani | 2011年1月27日 (木) 20時55分

東洋的な哲学においては、直観されているが、論理的ではない。西洋的な哲学においては、論理的な遡及の筋道は立っているが、この「存在」に関する難問の答は出されていない。キリスト教の世界では、宇宙は創造論としてあり、初めから、対象知というあり方をとっていますですね。ガイドブックなどを読むと「後期ハイデッガー」がどうのと出て来たりしますが、かなり難解です。それこそ、ゆったりとした足取りで、とまりたい問題です。

投稿: 最期の奴隷 | 2011年1月29日 (土) 14時18分

3D television is wonderful, but, it can't reach reality in the same way as 2D television. It means ???. If we could explained about it, there might be no trouble.

投稿: dukie | 2011年1月29日 (土) 22時39分

I'm dukie.
Sorry! explained ⇒ explain

投稿: dukie | 2011年1月29日 (土) 22時51分

岩谷様
コメントありがとうございます。
なるほどと駄目なわけも
わかりました。
もちろん、焦ってはいません。やりとりの中から
コタエがうまれてくれば
よいのですから!
では、「自己」の定義は
宿題として、その性質
としては、
自律的である。
というのはどうでしょう?
理由は、英語なら
self
だから。
それにしても面白い。
なんと不確かに生きて
いるのでしょう、私。
明朝も雪掻きだ
元気にいよう!

simomitu

投稿: 下光博之 | 2011年1月30日 (日) 23時57分

下光博之さん
自立的とか自律的では駄目でしょ
self と 己 の間には深淵がありましょう

投稿: 包 | 2011年2月 2日 (水) 16時56分

包さま
反応ありがとうございます!
話が拡がり、良かことです。
では、少なくとも
他律的では無さそうだ、
とは言えないですかね?

議論が深まり
夜もふけていきます。

simomitu

投稿: 下光博之 | 2011年2月 3日 (木) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しつこく正しい自然観:

« 障害者 | トップページ | エジプトとインターネット遮断 »