« みっともない村騒ぎ | トップページ | wubiについて(続) »

2010年11月11日 (木)

みっともない村騒ぎ(2)

愚かな戦争をしかけた愚かな国が敗戦したら、巨額賠償+領土割譲+奴隷提供が歴史の常識。アメリカが強硬に反対しなかったら、今ごろは北海道全体がソ連/ロシア領でっせ。

本当に戦争を反省し、悔い、恒久の不戦を誓うのなら、今のみっともない北方領土騒動*を、恥じるべきではないか。旧島民の(最広義の)福祉を、最優先すべきではないか。〔*: もっともっと苛酷な敗戦体験は、各所にいっぱいあるのに。〕

現状では、およそ、日本/日本人の精神的成長はない。

|

« みっともない村騒ぎ | トップページ | wubiについて(続) »

コメント

最近(というか近代以降か…)の状況を見ているとこの国の国民には「鎖国」という最強最悪なディスコミュニケーション手段を選択した遺伝子と血が、未だ濃く流れているのを感じます。

投稿: fp | 2010年11月12日 (金) 09時49分

そうだなぁ、仕掛けた側なんだものなぁ。
ドイツみたいになってても文句言える立場ではなかったのだものなぁ。

投稿: 南 | 2010年11月12日 (金) 11時31分

both ends burning to the end.

ふと、よぎった彼のフレーズ。


何度も失礼しました。

投稿: fp | 2010年11月13日 (土) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みっともない村騒ぎ(2):

« みっともない村騒ぎ | トップページ | wubiについて(続) »