« Java plugin for Linux on Firefox 3.x | トップページ | 「自己論」のスケッチ(1-1) »

2010年7月26日 (月)

ビートルズ晩年の成長(続)

これは、最期(最後?)の奴隷さんのブログ記事「ジョンという男」へのコメントにもなると思うが、その記事で"窒息感"と呼ばれているものは、私流のタームとしては"毒物の蓄積"である。毒の名は、ステージ/オーディエンス構造、またの名、スターという名の商品化だ。

前の「ビートルズ晩年の成長」で指摘した"晩年"と、その後のソロアルバム時代は、ジョンにとっては明らかに、たまりにたまった毒の"解毒"を意思し実行した期間だ。<スター>から<単なる個>への解毒だ。この過程に、"反アートのアーチスト"ヨーコさんが果たした役割も、まるで神が設けた奇遇のように大きかった。

だが、もっと大きな、もっと本質的な奇遇は、われわれオーディエンスの側が、そのおそらく99.9%が、自己をちっとも上記の〜〜構造という名の毒から、解毒しなかったことの顕現だ。そのあまりに象徴的顕現(ファンによる暗殺)があったにも関わらず、おそらく今に至るまで、オーディエンス側の大規模な解毒は行われていない。昨日もドイツのロックフェス(なつかしい言葉!)で、多くの死者が出たりした。

それは、しかし、必ずしも、オーディエンス側が悪いとか、アホである、という事態ではない。ひとことで言えば、オーディエンス側は、いまだに、普遍的で強力な解毒手段を持っていないのだ。一人一人が、昔ながらの、相も変わらぬ、トレード(商品、貨幣、…)万能社会に絡め取られてしまっている、力なき「孤独者」だ。

個への回帰がスター側の解毒なら、われわれオーディエンス側の解毒とは、これまでマエ(==ステージ方向)を見ていた目…まわりにいる人びとなんかどーでもよくて…を、ヨコに向けることにほかならない。

そういう意味で、オーディエンス側、オーディエンスであった者の側には、まだまだ、手つかずの、やらねばならぬことが山のようにある。power to the peopleも、imagine there's no religionも、悲しいかな、今もまだ、耳と心に残るメッセージの言葉でしかなく、実効へ向けて大きく動き出してはいない。そういう意味では、われわれは今、それぞれ孤独者としての、「取り残された者」になってしまっている。

だからこそ、明日からの課題は、とてつもなく大きい。インターネットを真のメディウム(人と人をヨコにつなぐ媒介)にすることも、含め。

|

« Java plugin for Linux on Firefox 3.x | トップページ | 「自己論」のスケッチ(1-1) »

コメント

日本に限って言えば、戦前生まれの人々が居るあいだはなんとかもっても、全ての人が戦後生まれになったら社会の体をなさなくなるでしょう。
その、直後もしくは直前に真の絶望が経験されて、そこから始まるとしたら何かが始まるでしょう。
もちろん、今すぐに始めなければならない問題ではありますが。

投稿: 南 | 2010年7月26日 (月) 15時05分

@南さん
いや、今すでに、相当ひどい状態になってますね。それには、われわれの無力がかなり原因しちゃってることも事実。お互い、力をつけるよう、意識して、できるだけがむばりましょう。

投稿: iwatani | 2010年7月26日 (月) 18時05分

> 前の「ビートルズ晩年の成長」で指摘した"晩年"と、その後のソロアルバム時代は、ジョンにとっては明らかに、たまりにたまった毒の"解毒"を意思し実行した期間だ。<スター>から<単なる個>への解毒だ。

『Mother』など、ジョンのシャウトそのものに解毒効果がありますね。「深淵」は、「恐怖」であるわけですから、深淵としてのロックは初めから、強力な洗脳力を持っていたのではないでしょうか。つまり、洗脳とは、一方向的な深淵であり、その解毒とは、双方向的な深淵、すなわち、“真のコミュニケーション”である。そういう意味では、ロックからの恐怖=一方向的な深淵は、ロックの恐怖(=深淵)からの脱出、=双方向的な深淵として、オーディエンスの側に出口が設けられているのかもしれません。要するに、迷宮構造からの脱出ですね。

> だが、もっと大きな、もっと本質的な奇遇は、われわれオーディエンスの側が、そのおそらく99.9%が、自己をちっとも上記の??構造という名の毒から、解毒しなかったことの顕現だ。その顕現(ファンによる暗殺)があったにも関わらず、おそらく今に至るまで、オーディエンス側の大規模な解毒は行われていない。昨日もドイツのロックフェス(なつかしい言葉!)で、多くの死者が出たりした。

ビートルズのデビューが1962年とあるので、もう半世紀経つのですが、岩谷さんの文章を読んでいると、覚醒を謳うところの、あれら大規模なロックミュージックのステージが、古代ローマの洞窟のミトラス教のごとき、アナクロな祭壇に見えて来るのです。実はすでに、ロックの本来的な意味は、忘れ去られているのではないでしょうか。1960年代の段階で、その深淵の深さはまったく測り知れず、歌詞自体、意味不明のものも多かったのではないでしょうか。呑み込み、そして呑み込まれという、ある種、命がけの格闘があったのではないでしょうか。

投稿: 最期の奴隷 | 2010年7月26日 (月) 19時08分

> 日本に限って言えば、戦前生まれの人々が居るあいだはなんとかもっても、全ての人が戦後生まれになったら社会の体をなさなくなるでしょう。

高齢化の問題が言われていますが、例えば、大正15年生まれ(=昭和元年生まれ)の方が、今、85歳です。昭和の生き証人と呼ばれ、生き残りのほとんどが女性で、戦時中は、男の代わりに土方仕事をやったりしていた人たちです。この方々の日々の生活への感謝の念がひじょうに深いのですね。今の日本人の精神は、かろうじて、この人たちの想いにより、支えられているのではないかと思うことがよくあります。

> その、直後もしくは直前に真の絶望が経験されて、そこから始まるとしたら何かが始まるでしょう。

そういう時代に向けての、予行練習が早急に必要なのではないでしょうか。

投稿: 最期の奴隷 | 2010年7月26日 (月) 19時10分

ジョン・レノンが殺された
件は、その事が書かれた
ところに後でコメント
付けようと思っていたの
ですが、ここでも良いか
と、 書いてみます
要するに
嫉妬
なのではないでしょうか
それがどうして時に
常軌を逸してしまうのか
今の僕には書けません
けど
あと
横を見ると言うのは
恐怖心を動機にしないで
好奇心を動機にしよう!

そういうことかな

思いました

simomitu

投稿: 下光博之 | 2010年7月28日 (水) 12時05分

ドイツの「ロックフェス」ってなんですか? いやDJカルチャーやクラブカルチャーは「スターシステム」などとっくの昔に乗り越えられてる,つーかイベントの特性としてスターなどハナから存在しないんですが.

投稿: | 2010年8月 1日 (日) 21時40分

> DJカルチャーやクラブカルチャーは
私の知らない世界なので、申し訳ない。想像でもの言ってもしょうがないので、今回はパスします。

投稿: iwatani | 2010年8月 5日 (木) 09時38分

レイヴで使われるテクノなどもしょせんは「外在的なリズム」ではないのですか。つまり「踊らされている」。スターという意味での怠け構造は持たないとして、エクスタシー等、ドラッグを使うというのは、怠けでしょう。酒井法子の事件を持ち出すまでもなく。私がイメージする「深淵」とは、それそのものが、リズムだということです。

投稿: 最期の奴隷 | 2010年8月 5日 (木) 20時58分

@最期の奴隷
「レイヴ」を、Google/Wikipediaで調べました。…なんだか、よく分からない。

投稿: iwatani | 2010年8月 6日 (金) 20時18分

おそらくは魂の抜けた盆踊りのようなものではないでしょうか。盆踊りの場合は、死者の霊を迎えるために踊るわけですが、この場合、自分たちが半分死んでおり、ただただ、音楽により、踊らされているという光景ではないかと思います。

投稿: 最期の奴隷 | 2010年8月 7日 (土) 16時05分

@最後の奴隷
>盆踊りの場合は、死者の霊を迎えるために踊るわけですが

盆踊りは、迎えられた霊たちが供養を受けて(喜びを受けて)また霊界に帰っていく様を表したものである、という説があります。

@iwatani
>オーディエンス側は、いまだに、普遍的で強力な解毒手段を持っていないのだ。
解毒方法とは先ず、「それがとっても無意味であり、不毛である。」と言う事の強力な証明と自覚を促すことじゃないでしょうか。それを深く自覚できれば、かなりの確率でヨコへ目を向けるモチベができるんじゃないだろうか。ももクロファンなんかを見ていると、本当にエネルギーの浪費・から回りという気がするんだけど。それが大ブームというから恐ろしい話である。

ちなみに、「ビートルズのアイドルとしての要素はももクロと全部同じだったんだなー」とこれまた「ほんまでっかTV」を見て思ってしまった。

投稿: ohiya | 2015年2月27日 (金) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ晩年の成長(続):

« Java plugin for Linux on Firefox 3.x | トップページ | 「自己論」のスケッチ(1-1) »