« 即席ラーメン商品開発の迷走 | トップページ | 「自己」のあり方 »

2010年6月28日 (月)

明日のグローバルネットワークの構成主体たるジェネリックノード

Appleみたいに相も変わらずクローズドでspoon-fedな製品を得意とするところが、時価総額でMicrosoftを抜き米国第二位の企業になったとか、Facebook、Twitter、Google〜YouTubeといった巨大サーバサイトが、今や100万や1000万どころではなく、億のオーダーのユーザ数に達しているとか(日本ではmixiなどが数千万のオーダー)いった話は、どうも、私のようなパーソナルコンピューティング原理主義者〜ネットワーキング原理主義者(!?)にとっては、ますますおもしろくない。

そこでこの記事では、「ジェネリックノード」というものをスケッチしたみたい。

ノード(node, 節)は、ネットワークを構成する個々の通信主体である。ジェネリック(generic)は、汎用的という意味。今現在のネットワークノードのあり方は、まずサーバとクライアントの違いがあるし、また個々のサーバもクライアントも、s/cの特定のペアが、たがいにペア同士クローズドな特定の通信形式しか実行できない。

これに対してジェネリックノードは、『やりたい通信形式は何でもできる』というネットワークアトムである。たとえばFacebook上のフレンド関係やTwitter上のフォローする人/される人といった関係も、今のように一つの巨大サーバがそれを…個別サービスごとに…サポートするのではなく、複数のジェネリックノード同士がバーチャルサブネットワークを作ればよい。

そのほか、今の検索のようなものや、今はまだない、いろいろ高度なネットワーキング機能〜それらを支えるデータ構造等も、いろんなバーチャルサブネットワークが支えて動かせばよいのである。一点集中型巨大サーバは、要らない。

では、ジェネリックネットワークノードがジェネリックであるために持つべき、ジェネリックな通信機能部品/ツールセット/データ構造集は、どんな揃いぐあいであるべきか。…という具体的な技術論は、今後盛り上がる(盛り上がってほしい)コメント等を通じての議論に期待したい。

というわけで、本稿未完。今日はほんのイントロでした(100628)。

|

« 即席ラーメン商品開発の迷走 | トップページ | 「自己」のあり方 »

コメント

人間の関係として当たり前ですよね。
資本主義根性が無くならない限りは今の形態を打破するのは難しいのでは。

それの希薄な新種の人間がこれから生まれるはず。

投稿: | 2010年6月29日 (火) 07時05分

待ってましたョ

コンピュータ話題
なのですが
悲しいかな 今
バリバリパソコンつかい
ではないのです
それでも仕事には
ペーパー仕事もある訳で
いやいや職場でウィンドゥズ

笑うのが同じ文書作成
ソフトなのに
新しいのでこしらえた
テキストをUSBで違う
現場に運んで古い
ソフトの入ってる
パソコンで読み込もう
とすると
グシャグシャになったり
して・・・
本当に21世紀なの?
と一瞬思いましたワ

職場の方に
セーブの段階で選択
するのを後で教わった
けど
テキストだけで未だ
こうとは

と言うわけで

ローマ字会の会員でも
ありますm(__)m

またまた岩谷さんから
そんなよそ道にも
行っとんかい!

お叱りをうけそうです

simomitu

投稿: 下光博之 | 2010年6月29日 (火) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/48743850

この記事へのトラックバック一覧です: 明日のグローバルネットワークの構成主体たるジェネリックノード:

« 即席ラーメン商品開発の迷走 | トップページ | 「自己」のあり方 »