« 万博ソング盗作問題 | トップページ | 犬猫悲哀記(1) »

2010年4月26日 (月)

21世紀と自然農法

シリコンバレーに農業2.0のベンチャーキャピタル出現 。日本でも「自然の野菜は腐らない」「自然農・栽培の手引き」がAmazonで7814位、9449位はけっこうすごい。

1990年代までは、藤井平司氏などの主張はきわめてマイナーで奇矯な説に受け取られるだけだったが、21世紀に入って各地で「実践」が広がりつつあるようだ。

しかしこれまでの、視野狭窄/偏狭/monkey-gripな自然科学〜科学技術の否定→「(自然など)全体」との対話・コミュニケーション/「全体」の感受は、農学に限らず、すべての学、すべての知を貫く必要がある。知(Wissenschaft)における、オトコ性(masculinity)の否定だ。

深耕による畑の肥毒層*の破壊はいいが、社会と政治の深耕とレガシー観念の破壊も、ほんとは緊急に必要なんだが。(参考URL: 「優しい日本を作る」)〔*: 肥毒層, 長年化学肥料に依存してきた農地の30〜40センチ下部にできる硬くて地温の異様に低い層。〕

#上のリンクのドキュメントは、タイトルを「日本共和党綱領」に変えて、
0. 天皇制の廃止
 1)日本人の低コミュニケーション能力の源泉の一つである、主体欠==お上(おかみ)依存を根こそぎ改革するために、伝統的にお上の象徴たるアプリオリな上位権力(の残り香)を完全に一掃する。
 2)現行天皇制は、天皇とその家族に対する「人格虐待」であるので、早急の廃止が必要である。

1. 社会保障社会福祉の完全一元化/オートマチック化による全員生涯安心社会の造成

…等々と書き換える必要がある。

|

« 万博ソング盗作問題 | トップページ | 犬猫悲哀記(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/48190980

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀と自然農法:

« 万博ソング盗作問題 | トップページ | 犬猫悲哀記(1) »