« 結婚は悪である | トップページ | 続・自然の自然な一部としての死 »

2010年1月22日 (金)

マスメディアの腐壊と痴呆化

某全国放送は私は長年受信料不払い運動を続けているが、今日などは、不法軍事政権からの殺害を逃れて日本に亡命したビルマ人の談話の字幕(聴覚障害者など用)で、話者が「ビルマ」、「ラングーン」と一貫して言っているのに、字幕中ではそれらがすべて「ミャンマー」、「ヤンゴン」になっている。不法軍事政権が改訂した名前を使わないのは、せめてもの抵抗の姿勢のはず。それをまったく無神経に無視するなんて、ひどいわ。

その某全国放送のニュースに対しては、「お前は政府の広報かっ!」と言いたくなるものが多いが、ついにそれは、世界史上最悪の不法軍事政権の広報にも成り下がったのだ。受信料不払いぐらいでは生ぬるい。早期に解体消滅させんとあかんね。

参考URL: [腐壊していくマスメディア]

|

« 結婚は悪である | トップページ | 続・自然の自然な一部としての死 »

コメント

勿論政府の広報ではない。
公共放送の報道ではある。
無賃受信は犯罪ではない。
居抜拝観は自由ではある。
うちはradioとhiである。
渋谷陽一は夜のfmである。

投稿: del | 2010年3月10日 (水) 02時59分

蛇体だが受信料は当然払っている。

投稿: del | 2010年3月10日 (水) 03時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/47361890

この記事へのトラックバック一覧です: マスメディアの腐壊と痴呆化:

« 結婚は悪である | トップページ | 続・自然の自然な一部としての死 »