« 猫飼い後悔(その2) | トップページ | 亀井発言(メモ) »

2009年9月21日 (月)

問題への窓としてのマルクシズムとナチズム

マルクシズム(とそのさまざまな枝葉)とナチズム(とヨーロッパのユダヤ人問題一般)を、それぞれ、何かの問題への欠陥多き「解」であったり、単純にとんでもない「悪」であると見るのではなく、ああいうものの登場とある程度の勢力化という歴史的事実を、ヨーロッパ的社会(==今日のほぼ世界標準)が持つ大きな欠陥、空虚空洞、大メタ問題の、風、うめき、ぶきみな“影”、それをそれとなく知らせてくれる“感触”として見るところから、その向こうに、コミュニケーションという大課題が展望されるはず。

ヨーロッパのクラシック音楽の、いわゆるロマン派(とそれ以降)は、全然肯定的な関心は持てないのだけれど、そこには、ヨーロッパ市民社会におけるその「問題」の徐々たる重症化の歩みが感触される。逆に、その直前…モーツァルト, ベートーヴェン…は、市民革命とその前後のいわば「未定期」にある。植民地主義+産業革命を重要なマイルストーンとするヨーロッパ市民社会の腐壊と悲劇はまだ始まっていなくて、無色で正体不明な理想や理念だけがある。まだ何も決まっていない、という意味での“未定”。そこは、永遠に凍結されているピュアな「スタートライン」だ。
#ロマン派音楽は一言で言うと「個の鬱屈のn乗深化」かな。個が、外へ向かって、あかるく“ポップに”はじける機会がないのだな、ヨーロッパ的近代は。それはまだ、過去形で語れる名詞ではないが。

やがてそれ(未定期)は、良質なガイド不在のまま、腐壊と悲劇へ向けてゆっくり歩き始める。

ヨーロッパ文化文明(==今日のほぼ世界標準)のその大欠陥をあえて一言で言うなら「あなたがたの基本宗教に(ネイティブ共同体から切り離された)『個』があるのは強い。しかしあなたがたの基本宗教には『他者論』、『関係論」、『コミュニケーション視点」が完全に欠落している」でいいだろう。

マルクシズム(とそのさまざまな枝葉)もナチズム(とヨーロッパのユダヤ人問題一般)も、その欠落の上でこそ芽生え育った黴(カビ)である。だからそれらは、真の問題を暗に示唆している「窓」なのだ。

#私のマルクス読書なんて、何十年も前で、しかも不真面目いいかげんだから、うろ覚えで言うしかないが、けっこう随所に"ユダヤ人非難/軽蔑"ってあったよね。マルクス本人もしかし、ユダヤ人じゃなかったっけ。真の敵はおのれたちのコミュニケーション不能であるのに、ユダヤ人、商人、金貸し、資本家と、見当外れな仮想敵ばっかし作ってるから、かえっておのれをいやしくし(まず真っ先に自分がマモン神へのみささげものになってしまい)、症状はさらに根深くなっていくのだ。

|

« 猫飼い後悔(その2) | トップページ | 亀井発言(メモ) »

コメント

氏への批判といふか、、、

その方の独白自明

を読むに及ぶ印象思念。

氏の語彙

グローヴァリゼイション=礼賛

トレード=脅迫

に難点を視る。

氏のかつての著作の読者であった往時

私はpersonal dictionary

の個別実装機械

net/internet

開放を理想として想い描いていたが

現今かようなYahoo/Google時勢

でこれはこれ

でよいのだ。

投稿: temlin | 2009年11月15日 (日) 22時14分

えーと、私の文脈では、グローバライゼーションが肯定されるのは、既存のローカル権力の恣意性、抑圧性、ときには残虐性をそれが否定する力に関してです。それは今後はトレードに依らず、コミュニケーションによって進展するのが理想です。

トレードは100%悪なわけでなくて、「トレード強迫」(“脅迫”ではない)や「トレード至上主義盲信」が全社会的に蔓延することが、克服すべき悪なわけです。私の文脈では。

以上の2点は、ほとんどの読者が、すでに分かっておられるはず。

投稿: 岩谷 宏 | 2009年11月17日 (火) 10時54分


compusive:強迫衝動<的>(な)(の)

投稿: temlin | 2009年11月21日 (土) 11時15分

compulsive:強迫衝動<的>(な)(の)
脅迫神経症はなく
強迫神経症はある
obsessive compulsive disorder
ともに症状であり
疾病ではない。
強迫 脅し 脅威 威嚇?:threat

globalization:<全>世界包括的(な)(の)
地<球>上網羅的(な)(の)    
trade:売買 売り買い
    取引 取り引き
交換 換え事 替え事 鹿児島では交替ともいふらし

投稿: temlin | 2009年11月21日 (土) 11時43分

globalization:地<球>上網羅<的>(な)(の)
        <全>世界包括<的>(な)(の)
         
trade:売買 売り買い
    取引 取り引き
    交換 換え事 鹿児島では交替ともいふらし

脅迫 脅し 脅威 威嚇?:threat
脅迫神経症はない
強迫神経症はある:obsessive compusive disorder
ともに症状であり疾病ではない。

投稿: temlin | 2009年11月21日 (土) 11時48分

temlin-san,

What would you like to tell us ?

Please let us know much more details.

投稿: Voyant | 2009年11月22日 (日) 11時24分

Hi!
Temlin-san,
Voyant-san
岩谷さま
当事siteの照会でKaoriyaに訪れ
microsoft windows自機gvimをinstall
しました。わたしも名無しのVIM使いになってみたいのですが、たとえばこのXOR内容の入力にVIMを使うことは可能でしょうか?

投稿: モンゼンこじ | 2009年11月22日 (日) 13時39分

i had described what i'd feel so far that have all i'd done.
that's all i did, how about?

Voyant.
Just express yourself!

投稿: temlin | 2009年11月22日 (日) 20時52分

Greetings Temlin-san,

Thank you so very much for the response to me.

For the time being, I was not able to see you points, vision, or view to the Iwatani-san's comments at all. However, I could clearly see your dirty face at this time, unfortunately...

So, let's discuss the issue altogether much more logically in Japanese or English if you could. Both would be OK! just for me. If NOT so, FUCK OFF right away !!!


Best regards,
Voyant

投稿: Voyant | 2009年11月23日 (月) 01時37分

Without any greeting, Voyant-san...
Just for you?
SHIT DOWN theee..the subtitle issue be side, don't you talk about sound.
You hate music, i know. i love it.
Canzone, cancion, chanson, cantata, kantaten and operatic areas.
Class, classic or classical,,,words like these i do not like.
European or euro is enough i think.
Of most Pre-romantic the best i love are BRAHMS SYMPHOMIES.

With no regard,
scarface Temlin

投稿: temlin | 2009年11月23日 (月) 12時08分

Hi!
woe arr U?

Voyar, now

and zen....listen now! can you hear,
of course no, who cares.


Caro mi o ben, credi mi al men,

senza di te langhuis ce il cor, etc.

投稿: temlin | 2009年11月29日 (日) 18時55分

マ ル キ シ ズム>ナ チ ズム
=マルキシズムは広義のナチズムであった
と捉えると事の位相はどうなるのでしょうか?

ファッ シ ズム<xor>コ ミュ ニ ズム
=?
で考えると事の位相はどうなるのでしょうか?


 

投稿: tenzin | 2009年12月 1日 (火) 03時46分

CBDB
DC#ED
CBAB
C

.....................................
,what have we done?

投稿: temlin | 2009年12月 9日 (水) 07時56分

For make no mistake: Evil does exist in the world. A non-violent movement could not have halted Hitler's armies.

投稿: | | 2009年12月13日 (日) 06時20分

In light of the Cultural Revolution's horrors, Nixon's meetig with Mao appeared inexcusable----and yet it surely helped set China on a path where millions of its citizens have been lifted from poverty and connected to open societies.

投稿: | | 2009年12月13日 (日) 06時40分

the belief that peace is desirable is rarely enough to achieve it

投稿: | | 2009年12月13日 (日) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題への窓としてのマルクシズムとナチズム:

« 猫飼い後悔(その2) | トップページ | 亀井発言(メモ) »