« 腐壊していくマスメディア | トップページ | コミュニケーション忌避という宿痾 »

2009年5月26日 (火)

トレード至上幻想

一般的な「トレード強迫」については08年12月31日の記事で書いたけど、関連して、政治家、教育者、官僚、住民と接する行政官、マスメディアなどの「上位的作為者」が持つ『トレード至上幻想』についても触れておくべきである。

たとえばマスメディアは、トヨタの売上や利益が減ったことをさも大事件のように報じる。トレードはにぎわうときもあれば、それほどでもないときもある、という淡々とした常識/良識を彼らは持っていない。真の問題は、トレード強迫〜トレード至上主義が支配する世の中では、トレードの規模がすぼんだだけで(すぼむこと自体は正常な現象の一つ!)、生きていけない人びとが発生してしまうことだ。

それに、巨大自動車メーカーの売上が無限に右肩上がりで伸びていったら、どうなるの? 電気自動車なんて、温暖化問題の発生箇所を、単に、個々の車のエンジンから発電所に移転してるだけのはず。

失業率の高騰や就職難(労働力と呼ばれる商品のトレードの規模の縮退*)についても、上位的作為者たちには「騒ぐでない!」と申し上げたい。(*:何度も言うが、トレードの規模の拡大や縮退は、お天気の変化と同じく、まったく正常なふつうの現象である。騒ぐべきことではない。むしろ、雇用をめぐる真の問題は(以下略))

トレード強迫と、それを重症化するトレード至上幻想が、人類社会のあらゆる悲惨の根因であり、もちろん、そのculminationとしての戦争の原因である。トレードを、今のような絶対唯一のmainの位置から、あってもなくてもよいone of sub(s)の位置へと相対化しなければならない。

オバマ氏は東ドイツの収容所跡に詣でたが、彼も含め、未だに世界全体が、ユダヤ人差別(等)へと重症化していく衆愚の真因に目覚めていない。…このテーマは「コミュニケーション有能への進化」で何度も何度も触れてきたことだ。

|

« 腐壊していくマスメディア | トップページ | コミュニケーション忌避という宿痾 »

コメント

(本記事から5年後のコメントです。)
最後の「コミュニケ有能」へ飛ばしての「グローバル・フェア・トレードの浸透」が面白かったです。ユダヤ人という概念、なぜ彼らが嫌われるのか、それを超えての正しいトレードの必要性。そしてさらに超えてのトレード至上主義の克服。支配・被支配、主従関係を切るために。

だけどそんなこと可能なのか。それをするために我々に必要な心がけとは?

投稿: ohiya | 2014年7月31日 (木) 04時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/45134866

この記事へのトラックバック一覧です: トレード至上幻想:

« 腐壊していくマスメディア | トップページ | コミュニケーション忌避という宿痾 »