« 正しい他者観のために(1) | トップページ | 現代日本語としての「嫁」 »

2009年4月16日 (木)

選挙制度の抜本見直しはなぜないか?

その答えは、(このあまりにも長寿命でくたばる気配のない)単純得票数ランキング制は、今現在の上位勢力にとって都合が良い、おいしい、からだ。

拙訳書「数の国のルイス・キャロル」の6章には、選挙の投票に関するルイス・キャロルの研究が簡明に紹介されているが、このようなラジカルでしかも誰にでも分かる正しい議論が、日本だけではない、ヨーロッパ〜全世界で長期的に、ほぼ永久的に無視され続けている。

昨日(4月15日)、「森田健作氏を告発する会」が千葉地検に告発状を提出した。仮に森田氏があらゆる点で無罪の人物だったとしても、選挙の制度が…たとえばキャロルの主張するがごとく…まともだったら、近年、人と意識の都市化が進んでいる東京隣接県で、こんなだせぇ(無能を絵に描いたような*)オトコが知事に選ばれることはなかっただろう。

*:おっと、東京都の現知事も、まさにこのジャンルのオトコのようだが。

参考URL: 現行選挙制度の欠陥について
     首長・議会の(無意味な)二元制を廃棄する件について

|

« 正しい他者観のために(1) | トップページ | 現代日本語としての「嫁」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/44685130

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙制度の抜本見直しはなぜないか?:

» 2009千葉県知事選――森田氏「偽装勝利」の可能性を残す単純小選挙区制のカラクリ [平和への結集ブログ]
 千葉県知事選挙が終わりました。メディアは案の定、森田氏の「圧勝」、森田氏勝利の「民意」という表現を使っています。しかしここには致命的な問題が潜んでいます。  平和運動関係者の中には、共産党推薦の八田氏と民主党推薦の吉田氏の得票数を合わせても、森田氏の...... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 07時48分

« 正しい他者観のために(1) | トップページ | 現代日本語としての「嫁」 »