« poly <-> mono | トップページ | トキ欲 »

2008年8月 9日 (土)

/dev/hda更新

2001年7月から使っている今のマシンに不満はないし、現状の持続性のほうが重要なので、不良セクタが、2005年3月に1、2006/5/1で2、5/20で3、その後今日までずっと3なのだが、/dev/hdaを新品のディスクに変えることにした。(今では/dev/hd*は死語らしいが。)

いつも思うことは、こんな作業のためのインタフェイスが悪すぎる。「パーソナル」コンピュータと言うわりには、いざというときには整備工場のおっさんしか手が出せないような、面倒な作りになっている。そもそも、なんでも背面、なんでもケースの蓋開け、が面倒。

「右の蓋を開けよ」と書いてある。右を開けてみたが、本当は左だった。“右”は、コンピュータを背面から見たときの位置だ!。整備工場のおっさんのジャーゴンだ。

PartedMagic(またはgparted)のLiveCDを立ち上げて、

dd if=/dev/hda of=/dev/hdb bs=32256 conv=noerror

でコピーは終わるはず。ところが、LiveCDにはX Window Systemの事前コンフィギュレーションがないので、'='などで日本のキートップを認識しない。そこで、拙著「Linuxの哲学」54ページを引っ張り出して'='の位置を探す。

この、事前コンフィギュレーション主義や立ち上げ時オプション指定主義も、整備屋のおっさんの発想だ。(キーボードの設定をランタイムに変える方法はないか、ひまなときに調べてみよう)。

現在の最大の特徴である巨大サーバ時代(ジュラシックパークの時代)と相まって、パーソナルコンピュータが真に「パーソナル」になる日は、まだまだ遠い。

(Googleなんかなくても、標準インデクス形式のインデクスを各自が持って、P2Pでその特長や仕様をアドバタイズしとけばいいんだよ。真にパーソナルなネットワーキングの時代にはな。ががんがん!。)

mainURL: コミュニケーション有能への進化29

|

« poly <-> mono | トップページ | トキ欲 »

コメント

これがsmartdからの最後の不良セクタ報告である。律儀に30分置きに出ていた。

Aug 9 11:48:44 localhost smartd[2093]: Device: /dev/hda, 3 Currently unreadable (pending) sectors

このあと、お昼過ぎに旧hdaによる最後のシャットダウン。13:58に新hdaによる最初の立ち上げを行っている。それ以降はもちろん、このメッセージはまったくない。

投稿: 岩谷 宏 | 2008年8月10日 (日) 20時45分

キーボードモデルのランタイム変更は:

setxkbmap jp

usに設定するにはもちろん:

setxkbmap us

これを教えてもらったフォーラムスレッドは:
http://www.justlinux.com/forum/showthread.php?threadid=151861
なお、ハードディスク更新のノウハウ情報は:
http://www.justlinux.com/forum/showthread.php?threadid=149328
です。

投稿: | 2008年8月15日 (金) 04時19分

URLがちょんぎれてしまう。php?以降はそれぞれ、
php?threadid=151861

php?threadid=149328
です。

投稿: | 2008年8月15日 (金) 04時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/42117409

この記事へのトラックバック一覧です: /dev/hda更新:

« poly <-> mono | トップページ | トキ欲 »