トップページ | 00a5 -> 818f »

2005年9月24日 (土)

自己と他己

「自己」は、この宇宙に、唯一の異物として持ち込まれる。そしてその視野に宇宙はひらけ、やがて閉じる。そういう意味で、つねに無数の宇宙がひらけ、そして短時間で、またはある程度長時間ののちに、閉じている。猫のシーマの「自己」が、なぜどうやって、どこから来て、この場所この時間の、シーマと仮に呼んでいる猫の生体に宿り、その肉体の死とともに、どうなっていくのか、誰も知らない。それは、仮に“私”と呼んでいるヒトの生体に今宿っている「自己」に関しても同じである。あらゆる「自己」が絶対の孤独であり(“天上天下唯我独尊”)、そのほかのあらゆる「自己」とは絶対的に、超宇宙的に、隔絶している。それは、無限の高さと無限の深さの(超えられない)、おそろしい隔絶である。異なる自己間に、通ずるトンネル小路のような通路はない。同じ小さな部屋に毎日毎夜いる私とシーマも、そのおそろしい隔絶を壁のように共有している。机上を這う小さな虫も、対象物として見ればほとんど無感動無関心だが、これがまた立派な「自己」なのだと思って見れば、なんともおそろしいのである。植物の「自己」の構造も、いろいろ想像しているとおそろしくなる。

そして、コミュニケーションというものの、唯一の、リアルな基盤が、自己および自己たちの、このおそろしい存在仕様だ。(main URL: [個我の隠蔽性を引き剥がすことから始まる])

|

トップページ | 00a5 -> 818f »

コメント

「この宇宙に」という時点ですでに自己は存在しているのだから、この文の文節は現実に照らして間違いである。宇宙と自己は、同時同存する不可分の同一物である。

投稿: 岩谷 宏 | 2008年3月 2日 (日) 14時04分

例えばうちの母親の様に、犬猫など畜生というだとしか見れない人もいる。

投稿: bad | 2014年3月16日 (日) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/6097227

この記事へのトラックバック一覧です: 自己と他己:

トップページ | 00a5 -> 818f »