2020年1月23日 (木)

犬猫失敗談第xx回: 暖房

動物病院の1万円よりも暖房費の1万円の方が楽、という哲学により、ここ数年は猫の風邪とその治療、というすごい面倒から解放されている。

しかし複数のエアコンを毎日終日回しっぱなしにできるほどのお金持ちではないので、電気アンカを併用している。数えてみたら、今14個使っている。

ちなみにアンカは、古セーターなどの断熱材を使って、「温かく」ではなく「ぬるく」セットする。

夕方それらの電源を入れ、お天気の良い日は昼頃までにアンカはoffにする。

電源投入やoffは、タップやコンセントにスイッチがない場合は、コンセントへのコードの抜き差しに頼る。

昨日早朝、昨日の前日の夕方壁際のソケットに差し込んだはずのプラグが、差し込んでないことに気づいた。ふつうは、プラグの足が2本あり、ソケットの穴も2つある。その2つと2つを接触するのは子どもでもできるだろう。でもその朝は、ひとつのソケットの穴とひとつのプラグの足の対応関係がずれていて、片方の足はソケットの穴から横へ外れている。

幸い、そこは酷く冷える場所ではなかったから猫は平気だったが、犬の立ちションベンを防ぐためにソケットに貼ったポリ袋が視界の邪魔をしたらしい。

「私」という人間は、この「私」にとっても他者である。いったい、こいつは、何をするか分らへん。せっかくの猫用暖房を無効にするなんて!!

というわけでこの「私」は、このわけわからん、往々にしてドジな他者である「私」と終生付き合うのだ。知らんわ。勝手にして。いや、ドジはなるべくやめてーな。お願い。

| | コメント (4)

2020年1月 5日 (日)

ソフトマインドファッション(脱オトコファッション)

しなやかな、柔らかめの生地で作った、丸(円)襟(まるえり)のジャケットとかほしいのだけど、どこにも売ってないな。左右で色が違ったり、柄(がら)が大小さまざまな水玉模様などのパンツ(旧日本語: ズボン)がほしいけど、どこにもない。

といって、ファッションブランドを立ち上げるのは手間も費用(==資本)もたいへんである。私の現状にとっては、エベレスト登山に等しい。

だからここに、どなたかへのヒントとして、願望だけを書いておこう。LGBT専門店というものがあれば、そこには売ってそうな気がするけど。どうだろう?

 

| | コメント (2)

放送権

NHKの受信料は払わないと違法らしいからしゃーないから払っているけど、でもよく調べればあれはもしかして憲法違反ではないか。

私にはあんな原価の目茶高そうな壮大な愚劣番組の制作費を、1円たりとも負担する意志はない(のに払っている!)。NHKは解体すべきだ、と真剣に思う。

今基本的に欠けている共通認識は、「放送電波は道路等と同じく公共財だ」という正しい見方だ。あんなNHKとかいう巨大な主体エンティティが、もっぱら恣意的に専用してよい財ではない。

道路の通行権がたとえば、日本郵政㈱にだけあったら、どーゆーことになるか?

道路に対して誰にも通行権があるように、放送電波には誰にもその利用権、すなわち「放送権」がある。そしてNHKのようなものは、その放送権をサポートする単なる技術者集団へと縮小すべきだ。

放送権が一般公開されたら、経済への寄与効果も相当大きいだろう。今、民放の空き時間を細々利用している通販会社の比ではない。

インターネットによって、誰もが放送権を持ってしまった、という説もあるけど、今のインターネットは理屈と現実の乖離が大きすぎる。誰もが放送権を有効に駆使できる、という状況からは程遠い。放送電波の方が、インフラとしての完成度が高い。

しかし、NHKという言葉が党名に入っているあの政党の主張も、浅すぎるし、くだらなすぎるよなぁ。なにより、「放送権」という観点がない。

 

| | コメント (0)

Music is not for competition

これから述べることは音楽全般に言えることだけれども、でも、コンペという愚がもっとも偉そうな顔をしてまかり通っているのは西洋クラシック音楽の世界だ。長いので、Western Classical Musicの頭字語WCMを以下使うことにしよう。

WCMの市場は、なぜ低迷し停滞しているのか。それは、原曲の作曲者が本物のアーチストだった場合も、現代の演奏者のほとんどが、その根性と魂胆からしてアーチストでないからだ。

個人のユニークな表現であるアートを、アーチストを、コンペ(競争)にかけて順位をつける、なんて愚かな話は古今東西聞いたことがない。だから今のWCMのコンペ、コンテスト主催者とそれに群がるメディア等々は、すべて本当の音楽がまったく分かっていない馬鹿者の集団である。だれよりも音楽を分かっていないのがコンペ主催者であり、またそれに意味を感じてぞろぞろと参加する参加者たちだ。

演奏者が本物のアーチストであるなら、原曲は彼彼女が利用する素材以外の何物でもない。本物のアーチストによる本物のアートであるWCMの演奏は、すべて原曲の「カバー」である。極言すればそれは、演奏者アーチストの表現であり新たな作品である。

そこには、本物のアートのみが持つ、ユニークな世界観や、主張のとんがり感や、表現の深さが感じられるはずだ。その人の心から訴えたいことが、真表面に際立つはずだ。

今、演奏者が誰一人アーチストでないから、WCMはコンペという愚を軸とするもっともらしいくだらないものへと頽落しつつある。

コンペは、たまにそこに間違って闖入してきた本物のアーチストの卵を、単なる「奇」として最初の予選で排除するのが慣行だろう。そんな雰囲気を強く感じる。

では、WCMの演奏者に偉大なアーチストはいなかったのか。そんなことはない。しかし、今はほとんどいない。今はコンペの上位入賞者という一種の優等生が、ささやかな人気を獲得しているだけだ。

今の(新しい、急変した)世界が、今の人間が、イコール今の自分が、本当に必要としているアートとは何か。アートとしての訴える力を持った音を、追究してほしい。

すべてのコンペに、その無意味さ、それがアートに対する抑圧的犯罪であることを自覚させよ。彼らがやってることは、音楽のエスタブリッシュメント(体制)化だ。アートとは真逆の。

 

 

| | コメント (2)

2019年12月22日 (日)

知らん顔する連中の醜さ

多頭飼育に対する苦情が年間2000件を超えたとかいうけど、これまでもずっと、日本の民主主義は付け焼き刃、すぐ剥げるメッキと言われてきたように、アメリカはこのところますます問題多く見えるとはいえ、誰かが気の毒な動物の保護なんか始めると、自然に、近隣の主婦や高校生などの協力体制が育つんや。

自分は協力もなんもせんと、逆に市役所に匿名苦情を言うなんて、なんたるみっともなさ。自分の醜さに気づいてないから、みっともなさの極限やが。

そういう人たちが、長年の地方ボスたる自民党政治家たちを支え続けているのだろう。残念、こちらはネガティブの例になってしまいました。そっちを見てしまうと、日本の未来にものすごく絶望的になってしまう。

絶望的になってる場合じゃないことは、分かっているけどね。

 

| | コメント (1)

今月のポジティブ: S.I.さん

このページが検索に引っかかったりしないために、名前は挙げませんが、日本の醜悪なおじさん文化というかおっさん文化の蔓延にやられているだけでなく、堂々とた・た・か・う女性が現れたこと、また連帯表明者も多いことは、明らかに、未来をポジティブに見れる契機になります。

今の私に力になれることがあるか、よく分からないけど、とにかく迷宮入りの暗殺などにやられないよう、よーく気をつけてください。

それと、まだまだ泣き寝入りの弱い人も多いことに配慮を。

ところで、これまでは動物園を他者不在の分かりやすい例として挙げてきたけど、強姦の方がもっと分かりやすいかもしれない。他者をきちんと、犯すべからざる他者として見れない…リスペクトできない…ことは、脳の新しい部分がまだ完全に未発達なんや。それが、おっさん族の顔や態度や発言の醜さの根因だ。

小池都知事も「おじさん政治からの脱却」と言っていたけど、今採点すると、成果はどれぐらいだろう?

| | コメント (2)

2019年12月13日 (金)

他者不在、病人編

十分な書くひまもなくて、あれですが。

同じように目も鼻も胃袋もありながら、人と猫や犬は互いに完全に他者である。猫に、人と同じ律し方は通用しない。

病人は、健常人にとってかなり完全に他者である。

あの、元高級官僚のおっさん(というクソオトコ)は、自分と同格の、ふつうの人としての律し方を貫くという間違いを、まさに“致命的な”レベルにまで適用したアホである。

どんな病人も、できるだけ早めに医療の下に置くのが、唯一の正解である。

うつ病の人などをめぐっても、今だに、ふつうの人視のもとに、アホな議論が絶えない。もっともらしく、生活の細部をいろいろ挙げ連ねたりばかりして、早期医療を全然与えないアホ取り巻きども。

人類の他者不在は、まだ、どこまでもどこまでも深刻である。なんとか、常識のベースを他者常在にしなくてはならない。

| | コメント (7)

2019年12月 6日 (金)

農業基盤整備はときには地域に投じられた諸刃の剣

今週は、本ブログのための“肯定的なネタ”を探すのに、まったく苦労しなかった。

中村哲:

「平和に武器はいらない」

でも、途半ばにして殺られないためには、非常に充実した、とことん充実した、コミュニケーションはいったのではないか。

結果的にやり方に、「他者不在」の側面があったのではないか。

 

海外での活動を志す人は、何よりも重要なのがコミュニケーション、これをキモに銘じてほしい。

 

 

 

 

| | コメント (3)

2019年10月28日 (月)

セクシーなピアノ音楽Natalie Schwamova

現状のインターネットはご存知のとおりの惨状だが、そもそもBBSの時代からネット上にはアホな日本人が蔓延している。アホの原因の一番目は、ひとの言葉をその人の真意で理解しようとせず、自分の解釈のみを是として責めたりすることだ。

言葉を発言者の真意で理解しようとすれば、オープンな態度での対話や会話、その積み重ねを必要とする。コミュニケーション不能・他者不在の旧人類のもっとも深刻な欠陥が、対話性/会話性の不在だ。対話と会話の手段であるはずのインターネットが、そうなっていないから、惨状が蔓延する。また今のインターネットの圧倒的に多い使い方であるWebには、管理機能がほぼゼロだから悪用も蔓延する。

で、セクシー、sexyという言葉は、最近ではいろんな人がいろんなニュアンスで使うようになった。それらの中には性とは無関係な含意も多い。でもそんな使い方でさえ、わざわざsexyという語を使うのは、性は本当はすばらしいものである、という無意識の認識が背景にあるのだろう。

そしてチェコ出身のNatalie Schwamova(ナタリー・シュワモヴァ)のピアノ演奏は、性的と非性的の両方の含意でセクシーなので、ご紹介すべくここに記事を書いている。その感覚をもたらしている最大の原因が、フレーズとフレーズの間に入るとても短い、自然な、そして本来のリズムを外さない「ため」にある。凡庸な音楽評論家なら「ルバート」の一語で片付けてしまいそうだが、ルバートのように長くなく、重要なのは、作為性がないことだ。その自然な、おそらく本人も無自覚な(彼女の気持ちでは音楽表現上必須な)「ため」で、これまでの西洋クラシック音楽の演奏になかったビート感を音が持ち、聞き手に独特の快感を与える。セクシーの、すべての含意の。

本人が自分の名前のYouTubeチャンネルを持っていて、動画もたくさんあるが、初めての方にはショパンの英雄ポロネーズ

ソナタ3番  がおすすめ。だんだん存在理由を失って、つまらないものになりつつある西洋クラシック音楽に、新しい生命と意味を与える演奏かもしれない。近年、女性ピアニストの演奏は徐々にそういう新しいタイプの表現になってきてるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年10月27日 (日)

地域全体の防災力

今回は車の中に閉じ込められた状態で亡くなった方も何人かおられるが、同じく車が道路冠水で動けなくなったうちの家族は、たまたま近くの自動車販売店に避難できて、全員で10人近くの避難者が、暖房の温度のアップから温かい飲み物の提供まで、さんざんお世話になったようだ。車屋さんなので、動けなくなった車の後始末もやってくれたらしい。だいたい、今の車のディーラー店は、一階がショールーム兼喫茶店のようになっている。

そもそも道路が冠水して川状になっていれば、車でも徒歩でも、行政が指定する避難所に行くことは、多くの人にとって不可能だ。

今回はたまたま、地域の商業施設がとっても親切だった、という例だけど、災害多発国になってしまった日本は、各地域の全体が物的にも人的にも防災対応力を持つことが必要だ。

防災の概念と実装の抜本的見直し。その重要要素は複数あるが、地域全体の防災力も確実にその一つだ。

今思いついたのは、宅地や住宅を売る者には、最初に防災要項の提供を義務付けるべき。タワーマンションなんて、地下に浸水したらたちまち機能停止なんて、お粗末すぎるよ。しかも、買う人は買うときにそんなこと知らない。

おっと、その親切なディーラー店は、トヨタのNetz店でした!!

 

 

 

 

| | コメント (4)

«MMTを最初から忘れる