2021年5月11日 (火)

今月のポジティブ(2021/05r1): 朝日新聞!!

新聞は読むものでなく、動物の世話のための資材の一種なのでめったに読まないけど、だいたい、昼にお弁当を食べるときにはテーブルシートになり、朝刊1面の下半分、下部に本の広告の多い部分が上になる。そこに朝日新聞では「天声人語」というコラムが毎日あり、なんかかったるいことが毎日書いてある。ところが本日5月11日のコラムの冒頭には、

立川相互病院の2、3階の窓には真新しいメッセージが貼られている。「医療は限界 五輪やめて!」「もうカンベン オリンピックむり!」

とある。これをポジティブとして今回取り上げたのは、メディアの本来的な姿、すなわち人びとの声の乗り物という正しい使われ方の例が珍しく存在するからだ。しかもこれは、体制側が無視抹消したがるような、現場の苦しい声だ。オリンピック決行で第二第三のgo toが発明されないためにも、現場の声を大きく取り上げることは重要だ。

余談だが、テレビ東京のパクリのような他局の番組を見て思うのは、なぜそれらが人気番組になったか、その理由を彼らが全然理解していないこと。毎日毎日同じタレントの芸としての顔や姿を見せられるよりも、リアルな人間のリアルな生き方の映像が何百万倍もおもしろいからだ。メディアは。タレント族のためのショーウィンドウではない!! メディアは、人びとのより良き生き方のために使われる公共施設、という認識が普及してほしい。

 

| | コメント (2)

2021年5月 5日 (水)

貨幣と暴力は夫婦の関係

貨幣脅迫がもたらす、「環境問題」よりも深刻な「人間問題」の、大きな基調(主症状)の一つとして暴力がある。その発症の原因は、貨幣強制が暴力だからだ。一週間何も食べられずコンビニに迷い込んだホームレスにも、一個のおにぎりでも、代価は請求される。払わなければ、食えない。そこでは貨幣が、圧倒的なネガティブな暴力である。

貨幣脅迫という暴力に迫られて、ひりひり追われる日常の中で、一部は、人間の側が暴力化する。

貨幣経済の問題の根源は、それが人間と人間との人間的な関係でないところにある。戦争をめぐるコミュニケーションは数々あれど、戦争そのものがそもそも、コミュニケーションの不能性だ。貨幣も、それと同じ。

 

 

| | コメント (3)

2021年5月 3日 (月)

共同体の残滓が目と心を塞ぐ

「人間問題」の方が「環境問題」の何万倍も深刻で重大、と先日書いたときは、たまたま引きこもりとそれに対する間違った受け止め方を例挙しただけだけど、もちろん例はDV、児童虐待、女性虐待/差別、一般的に暴力・暴言・いじめなど嗜好、慢性大規模飢餓などなどたくさんある。

でも最大の問題は、「人間問題」が「環境問題」とはあまりにも対照的に、問題として全く対象化一般認識化していないことだ。

貨幣脅迫は、環境破壊をもたらし、並行して人間破壊・社会破壊をもたらしている。

環境は金を儲ける側にとっても大きな問題になりうるが、でも人間だって市場の健康のためには多くの人間が健康でなければならない。悲惨なスラムがいくら広がったって、高度なテクノロジー製品は売れない。

分かりやすいと思われる例として、日本のような、貧困国とは程遠いはずの国に生ずる限界以下の貧困(子どもがメシ食えない!)を取り上げてみよう。

まずこれは、完全な失政なのに、その犯人も含めて誰一人、失政と自覚しないし、その視点が広まらない。

貨幣経済のグローバル化は、ベッドにはマットレスというものがあったのに、ある日から突然それが消えて、ゴツゴツザラザラトゲトゲの木枠の上で寝るようになったこと、などに譬えられうる。多くの人心が荒れる。こないだまでのローカル共同体社会では、お金はあくまでも二義的な存在だった。お金以外の人的環境的クッションが、人びとの生活を支えていた。今は、クッションがない。

政治の上層部も含め多くの人が、そんな時代がずっと続く、続いていると誤信している。子どもが飢えるほどの貧困の拡大なんて、想像もできない。

旧共同体はない、今や全員が金という寒風に対して肌むき出しである、という自覚がないから、ワクチン接種だってずるずると進捗しない。自己責任などという想像上の(非現実的)概念が一部で流行ったりする。金(貨幣)は必然的に差異であり差異の階層だ、という自覚がない。

ボランティアには、量的質的な十分性の保証がない。たまたまそこにあった、少量の、余剰にすぎない。うちがたまたまやってる動物保護だって、相当な労働量のわりには、十分なことはできていない。

アメリカは、今度の大統領が大規模な所得再配分施策を敢行するようだが、彼らにおいても、「人間問題」という大概念の共有がない点は同じだ。

この問題の解決には、世界中の共同認識と今後長年の協働が絶対的に必要だ。

 

| | コメント (2)

2021年4月30日 (金)

下書き

[未完]

この記事に登場する、イギリスのワクチン接種の総合企画進行係ケイト・ビンガムさんは、なにしろすごい。システム思考がすごい。緻密で現実的で厳密で徹底的である。

| | コメント (6)

2021年4月15日 (木)

餓死寸前の犬

この犬は死ぬまでの数本のビデオがあるんですけど、ここで取り上げるのはただ一つ、保護者が、この骨と皮だけのような犬に最初から固形食料だけをたくさんあげていることです。山で放置された純種の猟犬のようだけど、まだとても若くて子どもで、かわいいわ。餓死寸前のような犬は、体力を回復するまで犬用ミルクで保育する必要がある。この犬はベトナムだが、日本でも要らなくなった猟犬を山に放置する悪質な猟師がときどきいる。

追記: 最近見つけたこのケース では、最初にミルクを与えている。虫下しらしき錠剤も、与えてますね。(2021/04/18)。

追記2: 別立ての話題にすべきだが、ここに一応メモっておくと、動物愛護運動には優秀な動物病院の協力が欠かせない。その理想的な例が、ギリシャのテッサリア地方のカルディツァという市にはあるようだ。この施療例 は、なにしろすごくて優秀(2021/04/18)。

 

 

| | コメント (2)

2021年4月11日 (日)

引きこもり対策100億円?!

引きこもりはおよそ100万人だそうだから、一人あたり1万円だ。笑える額だ。そもそも前提には、引きこもりは異状であり一種の症状である、という完全な誤認がある。

私の知るかぎり引きこもりや不登校は、多くの人がいわゆる食うために毎日無理やり我慢しているものを我慢しきれなくてプッツンしてしまった人である。異常なのは、我慢しているわれわれの方だ。我慢とは無縁に金儲けや競走に前向きに邁進している人種は、救いようのない完全な異常だ。

引きこもりや不登校になる契機、つまりトリガー(引き金)は、具体的な良からぬ人間関係の経験、たとえばいじめとかであるとしても、それは原因ではなく契機だから、取り除いたとしても引きこもりは消えない。

症状ではないから治癒はありえないが、引きこもりが起きない社会を徐々に段階的に作っていくことはできる。たとえば、学習から競走性を皆無にする。誰もが、学びたいことを学びたい人から学べる。奨学金はローン性を廃止、全額給付性にする。というか、できれば教育費は全額無料にする。

競争的進学を廃するとともに、進学以外の多様な進路をすべて進学と同格に設ける。とくに何も関心が湧かない人は、無為の人生が前提でもよい。それを、異状や症状視しないこと。

必要なのは一人1万円の'対策費’ではなく、異状とも症状とも見なさない観点を普及することだ。

本当は誰だって、金のためや、金のための競争のためにがんばる人生なんて、宇宙の彼方へ蹴っ飛ばしたい。

引きこもりの普及定着とそれに対する誤った視点に代表される異状は、貨幣経済とその差異の階層をめぐる競争性のグローバル化と「すみずみ化」がもたらした広範な異状の一環であり、その解消は地球温暖化対策などの何万倍も重要だ。環境問題と並行して、人間問題の重視を※。

※: フーコー氏らがもうちょっと分かりやすい本を書いていたら、たとえば統合失調症と貨幣経済〜資本主義の一般化強圧化との関係も、われわれの常識の一部になっていたかもしれない。

 

(本稿未完)

参考記事: 中高年ひきこもり問題

 

| | コメント (7)

2021年3月29日 (月)

プログラミング「教育」のもやもや

プログラミング教育の義務教育化という話題や制度が、もやもやと沸いているようですが、そんな話を見るたびに私が思うことは:

・プログラミングは工作、すなわち物づくりなので、そこには物づくりの楽しさがないとあきまへん。設計を(多くは自分の頭の中で)やることから始まり、少しずつ部品や部材を作り、そして全体を組み立てていく。途中にも暫定的結果にも、もちろん間違いがあり、それもまた楽しみと話題の一部になる。

※: 生徒の側には達成感が必要だし、指導する側にはクリエイティビティが必要。最初のうちは、それが”あるふり”ぐらいは必要。

・プログラミングの学習、技能の成長のためには、オープンでフレンドリーで自由で双方向多方向的なコミュニケーション、というベースが必要。教わったり、自分より下級者に教えたりが、ときにはジョークや自虐も混じえたフレンドリーなやり取りで常時継続しなければならない。その常時のコミュニケーションも、楽しさの重要な一環になる。

・頭の中の基本的で単純な論理性を鍛えること。論理性に基づかず、恣意性でものごとを決めることを廃すること。すなわち、日本の伝統社会のベースである、どーしょーもない恣意性まみれのおっさん性を否定し超えること。

※: マスコミの希薄な情報から推察すると、みずほ銀の不手際も決定者のココロのオッサン性的なエーカゲンに原因があった気がする。

・その他の一般教科の内容も、プログラミング教育(というより「プログラミング学習」が良い呼び方)の導入に合わせ、それを支えるために一部改定すること。たとえば『数学』。並行してプログラミング教育の内容もup-to-dateに保つことが重要。時代遅れのことを教えたらあかん。

とにかく、ここにもまた、いじめや強圧・強迫がはびこることを、絶対的に阻止しないと、この学習に将来性はありません。自主自由な進歩でないと、日本全体が、世界の落ちこぼれになるでしょう。

 

| | コメント (3)

2021年3月21日 (日)

オイコノモスの復権

そもそも、お医者さんが万事、指示や命令をすべきところ、無知無能ド素人の政治家がいろいろ決めてるってのは、素敵でモアベターなことか?

今回のほぼ地球全域的な健康災害は、有価交換経済(==貨幣経済)をあきらめないと解決へ向かわないでしょう。有価交換には当然、大量のフィジカルな接触が含まれるからです。(また「価値」をめぐってひどい差異の階層--差別、格差--が形成される。)安静が必要な患者にスポーツを強制するような姿勢のド素人集団。

昔、一部のロック音楽とか、コミューンのような一部の生活形式試行が盛んな時代、その<盛ん>の多くの表れの一つとして、「経済(エコノミー)という言葉の原義は、貨幣、交換価値の介入以前の家計、生活のやりくり、人がより良く生きる工夫や心構え、すなわちオイコノミスのことだった」、という説が広まった。

そしてパンデミックと呼ばれる今回の大規模長期的な健康災害は、この説の復権を要求していると感じられる。

すなわち、価値交換経済から、相互贈与経済、分有(分かち合うこと)経済への移行だ。

分有がうまく全地球をカバーすれば、今の、ひどすぎる貧困もなくなるだろう。そしてその成果として、健康的で楽しい地球社会(全自然込みで)が育つ。

コミューンも、彼らの失敗をあざ笑うのは簡単だが、根底にあった思想を馬鹿にすることはできない。

(後注: 某公共(?)放送が流行らせた(?)オイコノミアという言葉は、単に今の経済(エコノミー)の愛称(?)みたいです。)

 

| | コメント (3)

2021年3月 1日 (月)

今月のポジティブ(2021/03nr1): いじめをサバイバルした阿諏訪泰義さん

いつなくなるか分からない元記事はこれこれ ですが、めっからない人は「うしろシティ阿諏訪さんのいじめ体験」で検索すると見つかるかもしれない。

いじめのバックにある薄汚い共同体根性に対して阿諏訪さんは最終的にかなり強力で大きい「個」を確立できた、と言える。

みんな、いじめの被害者で終わらずに(もちろん自死などせず)「個」になりおおせたら、大げさに言うと人類の新しい世界、新しい時代が開ける。

もちろん、日本全体世界全体の経済も、明るく活気づく。日本なんか、愚かしい澱んだ「保守」が支配的である間は、沈み続けるだけだ。

でも、そんなこと気にせず、個は伸びるし、活躍できる。興味をいだいたことには、何でも手を出して。

いじめられっ子や不登校児こそ、がむばるべきだ。

阿諏訪さんの場合、二人のお姉さんの人形で遊んでいたこと、今でも男は苦手、というあたりも明るさが見える角度だ。

なお、この記事に紹介されているリンクも、おひまな方にはお勧めする。

 

 

 

| | コメント (6)

2021年2月23日 (火)

「ペット」を死語にしよう

このリンク先の記事 、いつまで存在してるかわかんないけど、ペットショップで1年間バイトをした人の、とんでもねー経験談である。

ペットが典型的に、他者不在の権化的な消費財概念であって、消費者の消費活動は明らかに法に触れるもの以外は野放しに「自由」であるところから、悲惨なペットショップバイト体験記が生まれている。ペットショップがひどい、という前から多量にある話と並んで、今や消費者族の中にもドーブツを物扱い視するひでーのがいる、というお話です。

1年でバイトをやめたその方は、動物好きな人は決してペットショップの店員になるべきでない、との結論に達した。

消費、消費者概念は、人間を「お客様は神様」とおだて、人間をひでぇ馬鹿もんにしている。

馬鹿消費者の氾濫は、ペットショップだけでなく、至るところにある。

消費者という言葉、概念、消費者という者が存在を許されている公然たる「消費者概念」、廃止すべきはペットという個別現象だけでなく消費者制そのものだ。

次の段階としての、必要な、人間の成長。それは明らかに「脱消費者」だと思う。コンピューターまわり、ネットまわりも含めて。

| | コメント (4)

«今月のポジティブ(2021/01/n2): 「家族への扶養照会」という悪習