2020年6月29日 (月)

今月のポジティブ(2)山梨大学学長島田眞路氏

この方は、これまでもあちこちに登場しておられるが、最近サンデー毎日がかなり長いインタビュー をしている。そのごく一部を、XORブログの過去記事が引用している。学長であるだけでなく、大学病院の院長さんだった、と思う。

| | コメント (1)

2020年6月22日 (月)

今月のポジティブ: 最強の防御==自己の健康

こういう話は、今の支配的な大産業(とくに食品系)を批判することになりがちだし、また個人差が大きく、速効性のある話でもないので、なかなかメジャーなメディアの上のメジャーな情報になりにくい。

また、一般性のある話として書くことも難しい。

ここでは、大体の輪郭のような話として、「アウトブレイク」というアメリカ映画(私はまだ見ていない)のAmazon上の、Making Goldさんという方のコメントから引用したい。正論と思われるものの、大体の雰囲気である。

免疫システムが働かない時とはどういうときなのだろうか?それは”栄養過多”、”食べ過ぎ”、”満腹”、”疲労状態”、”泥酔”など。健康を維持するのに本当に必要な食材は最低限度の玄米、野菜、少々の魚だけで、動物性たんぱく質特に肉は大幅に免疫力を低下させる。満腹状態も風邪を引きやすい極めて無防備な状態。

要するに、健康であれば一般的に免疫力が強く、大病にはかからない、という説だ。私は個人的に、食べ物と同列に重要なのは毎日の適度の労働(体を怠けさせない)も重要ではないか、と思う。もちろん、お金が得られるものだけが労働ではない。

私も数十年来、かなり「不純な」玄米菜食主義者で、玄米菜食原理主義者の人たちからは否定されてしまうかもしれないけど、また、それが理由だと断言する気もないけど、大病はないし、今のところ新型コロナ症状もない。

いや、ここで言いたいのはただ一つ、最強の防御は自己の健康、自己の免疫力が強いことだ。これがマスメディア上のメインの話題にならないのが、ア・ヤ・シ・イ。

また、健康な食生活の基盤は、健康にいいから食べるではなく、おいしいから食べることだろう。白米食は、卵にたとえれば白身だけ食ってるようなもので、肝心の複雑多様濃厚な栄養分を捨てている。

そして食の話は個人差が大きく、いわゆる不摂生な生活(食事も含め)で元気で長生きする人もいる。そして健康のためと言っても、数日〜数週間で効果が得られるものでもない。なお、胚芽には毒物も貯まるので、玄米は無農薬有機栽培のを使うこと。

 

 

| | コメント (10)

2020年5月26日 (火)

プラットホーム無罪説の廃棄を

いじめで自殺する、いわゆる弱い人が現にいるわけだから、物理世界では学校等が早めに気づいていじめをやめさせなければならない。教師の資格には、そういう、「人間教育」の能力を必須としなければならない。

仮想世界では、早めに気づく教師に相当するのが、広義にSNSと呼ばれているいわゆるソーシャルメディアプラットホームだ。プラットホームとは、いろんなユーザーがいろんな使い方をしてよい、という意味で「台」を含意している。

悪いのは、その台から(台の上に乗って)児童ポルノやいじめ言葉などを提供拡散しているユーザーであり、プラットホームに罪はない、とされてきた。

でも最近、その論調は徐々に、正しくないとされつつある。たとえばFacebookやTwitter等は、いわゆるヘイトスピーチを水際で排除しつつある。

現実問題として、いじめコンテンツの掲載を防げるのはプラットホーム自身だ。ほかにない。

日本はまだ、プラットホームに対する新しい正しい議論に大幅に乗り遅れている。そして、大昔にできた「プロバイダ責任制限法」という悪法が今だに健在だ。この法はまさしく、「プラットホーム無罪法」である。なお、ここで言っているプロバイダとは、プラットホームのことだ。発言と拡声の場所を提供(provide)している事業者だから、プロバイダと呼んでいるのだろう。

結論を言えば、言葉の凶弾とも呼ぶべき悪質いじめコンテンツをそのまま載せて公開しているプラットホームは、重罪に問われなければならない。「プラットホーム有罪法」が、早急に必要である。

そこで止めないと、いじめを抑止できないのだから。

悪事への加担、幇助は、重罪が当たり前だ。結果的に強盗だった者に車を貸したレンタカー業者などとは、事前知のレベルが大きく異なる。

 

 

| | コメント (4)

2020年5月18日 (月)

歴史は今、何にギアが入ろうとしているんだろう?

・中東の長期的な動乱とイスラム原理主義テロの発生および成長
・まったく新しく現地の人も知らなかったウイルス禍の相次ぐ発生

21世紀は、蓋を開けてみれば、誰も予想しなかった「ビッグネガティブ」の世紀だ。しかもそれらは、貨幣経済を上位でリードする人びとによる、長年の、自然や他民族/他地域に対する大搾取の大蓄積に対する反動だから、自ら招いた結果だ。

第三第四のビッグネガティブをここで予想しておくと、それは、アメリカ(USA+米大陸全般)と宇宙だ。片方は脳天気な大規模搾取が起源的にまかり通ってきたし、他方はこれから徐々に深刻にまかり通ろうとしている。

このうち、アメリカに関しては何をどう予想しても問題含みのものばかりなので、考えない方が楽だ。一方、宇宙はまだ、歴史的蓄積が希薄なので勝手な予想も可能だ。科学的根拠のない漫画ネタとしては、たとえば、月は開発による質量の有意な変化により軌道が変形し、20万年後に地球と接触して両者が粉々に破壊される。

一部のお金持ちとその家族は、巨大な光合成装置のある地球の2万分の1サイズの第二地球に避難するが、その子孫たちの行く末は幸福かどうかわからない。

でもこれらは、今ならまだ、現実の問題としての爆発と荒廃の予防が可能だ。当事者に、危機の自覚さえあれば。

搾取の動機は、差異(貨幣価値)の増大である。差異の増大を目指す走りが止まれば、それはコケる、その場に倒れる。だから、一部の左翼的(?)経済学者が主張するゼロ成長経済は、それが貨幣経済であればありえない。

今回のウイルス禍では、その0.00001%あたりにポジティブなものがあった。それは韓国籍の急病の子どもを日本の航空機が本国へ送ったことだ。Aという資源が緊急に必要な者と、たまたまAの余剰を持っていた者との、財の移動や共有があっただけだ。貨幣の行き来(特別料金の発生など)はない。

もうひとつ、女性が政治のトップにいた国は、病気の対応も上手だったのではないか?

 

| | コメント (4)

2020年5月11日 (月)

軍事政権時代と酷似

日本は感染者数が欧米諸国等に比べて1〜2桁少ないから、防疫的に優秀、なんて言えへんやん。母数(分母)になる検査数が少ないだけや。検査数が少なきゃ、感染者実数が少なくなるのは当然。これを是としている政治家は、実質軍事政権時代の日本の政治家(アホをゴリ押しする権威主義)とそっくりや。

実際の感染者数は、政府(厚労省)発表数の「実は10倍か、15倍か、20倍かというのは、今の段階では誰も分からない」、と尾身さんという人も言っている。日本と東京は、欧米諸国と諸都市以上に、実はおそろしいところかもしれない。うかつに、町へ出れない。

WHOが適任かどうか知りませんが、そもそもデータは、その得方が、標準性(スタンダード)に基づいてないと、評価も比較もできまへん!。すべての国が、一定のスタンダードに基づいたデータを発表すべきであります。日本が防疫的に優秀などと、とんでもない錯誤を抱える前に。

あれから3世代目にはなろうかというのに、ニッポンのおっさん族の醜悪なアホは変わらんわ。またまた、多くの庶民の無駄死にか。うー、わしは多くの犬猫を置いて死にたくない!! 唯一の希望は、諸外国が、日本の“感染者数”のインチキをがんがん責めること。外圧で、まともな防疫体制に徐々に近づいていくことしかないかな※。

※: “外圧”の一例(?)として韓国のニュースサイトwowkoreaにこんな記事が: 「日経新聞によると、感染症研究所のシステムに入力された資料をみると、東京23区にだけ2月中旬以降、肺炎などによる死者が例年よりも200人以上多かったと説明した。この数値は、同期間に東京都全体で報告された新型コロナによる死者16人の10倍をはるかに超えるものである。」(2020/5月25日)

※2: 「4月初めに発熱で寝込んだ三段目力士の勝武士さんは、新型コロナウイルスのPCR検査をなかなか受けることができなかった。師匠は保健所に電話をかけ続けたものの、ずっと話し中でつながらなかった。----ようやく入院できたのは血痰混じりの咳が出るようになっていた4月8日だった。そして5月13日、勝武士さんは28歳の若さで亡くなった。 」(ロイター5月29日)

※3: 「(北九州市の)北橋市長は「医師が診断を踏まえて『感染の疑いがあるので、ぜひ検査をしてくれ』と言っているのに、保健所に拒否されたという声をたくさん聞いた。市長としては看過できない重要な問題だと思った」として、5月のゴールデンウイーク後に、独自のPCR検査センターを稼動させた。」(文春オンラアイン6月1日)

※4: 「なにしろ政府が行動しない。2月以来問題になっていたPCR検査の実施件数が。諸外国と比較して驚くほど低い水準にとどまり続けていることが、これを端的に物語っている。政府には何とかしようという気が起こらないらしい。それはロックダウンへの態度からも窺われた」。(行動力も理解力もない政府/豊永郁子/朝日新聞5月21日[オピニオン])

------

無能なおっさんたちの複数世紀を貫く共通点は、人間への関心がないこと、人間へのシンパシーを欠いていることだ。目の前の公的なもしくは私的なものにしか関心がない。勉強==受験勉強という、間違った勉強観の強迫も、多くの無脳無心人間を育てるだろう。

※5: 島田眞路山梨大学長

「感染者数について言えば、PCR件数をOECD諸国の中でも最低水準にとどめることで、数字に表れる感染者数を低く抑え込んでいるだけで、相当数の陽性患者が見過ごされてきた。死者数も、検査自体が少ないだけに、実数を網羅できていないと見るのが常識だ。国立感染研公表のインフルエンザ・肺炎死亡報告の超過死亡数を見ても、東京の2、3月は明らかに例年より死者数が多い。警察庁も、不審死のうちコロナ陽性反応が出たケースが5月21日までに9都府県で26人いたと22日の衆院厚生労働委員会で明らかにした。表面化したのは氷山の一角だと考えるべきだ」。…島田氏は、医療キャパシティの懸念で検査数を抑えるという厚労省〜保健所の考え方を、間違いだと言う。「軽症者は入院ではなく、ホテル、宿泊施設に入ってもらうという柔軟対応が取れたはず」、これは韓国が採った多段的収容だ。自宅待機を強いれば、あちこちの”自宅”がミニクラスターになってしまうことは、しろうとにも分かる。

※6: フランスやイタリアなどEU諸国で何百台も使われている、日本製の大量自動PCR検査機を、これまで日本の厚労省が不認可にしてきたのも、検査が少ない方が善とする、間違った哲学の影響かもしれない。

 

※7: 東京大先端科学技術研究センター名誉教授児玉龍彦さん「東アジアの中でコロナ対策に失敗したのは日本でした。大量の検査をしないというのは世界に類を見ない暴挙です。感染症を専門としている人間にとって、この発想はあり得ない。感染症対策のイロハのイは、誰が感染しているかをきちんとつかむことです。」(毎日新聞2020/06/30夕刊)

※8: コロナ対策に成功した台湾、日本と明暗を分けた理由は? 、 野嶋剛:ジャーナリスト、大東文化大学特任教授(2020/07/04)

 

 

東京大先端科学技術研究センターの名誉教授v
東京大先端科学技術研究センターの名誉教授

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2020年4月20日 (月)

エピタフ

キング・クリムゾンのエピタフ(Epitaph by King Crimson)は、今やそれを知らない世代の人も多いと思われるが、滅びを正規の他者--あり得べきもの--として遇した名曲だ。

そして今やそのエピタフが、ついに訪れたようだ。世代的には、私の亡くなった両親などは、人類の滅びの第一歩を経験せずに死ねた幸福な(?)世代の終わりだ。

個々のウイルス等は収束の可能性もあるが、同等に、今回やその後続種によって人類が地上から消される可能性もある。

そろそろ、楽しいことや幸福なことばかりに追求の価値を認めるのではなく、その他者である究極の滅びも同等に前向きに意識した方が良い。

何が良いのか? 人類がせめてその最後の数百年、貨幣価値やら学歴やら就職競争やら(まとめて言うと差異の追求)に血道を上げることから、やっと卒業し覚醒できるかもしれない。

そして一人々々みんなが、人類の墓碑銘に一筆残すわけだ。「われわれは、われわれの罪で死にます。地球さん、庭の雀さん、これまでありがとう」。

| | コメント (9)

2020年4月17日 (金)

201人の感染確認…1日当たり200人超は初

だからさ、10人が20人になったって「増えた」とは言わないんだよ。100人検査して10人と、200人検査して20人は同じだろ!

むしろ、何人検査したんかが重要やんけ。今日本の人口の何パーが、自分の陰性陽性を知ってるのか?

絶対数が100とか200とか、何の意味もないわ!

検査カバー率では日本は今、超下等国じゃないの? 政府も医師会もおかしなことばっかし言うとる。韓国みたいに、ちゃんと軽症者や無症状陽性者をケアする体制も作らずに、単一レベルの医療キャパシティのことばっかし言ってる。ほんま、やばいで。その根性による、軽症者放置主義は。まず、家族が犠牲になるわ。

上部構造のこの種の愚(自分大事主義)は、前世紀から全然変わってない。

検査する・しない、ではない! 検査は、絶対に、する! 絶対に、門前払いを食らわせない!

そして大至急、日本の人口規模にあった、ケア体制の多段化を! イギリスみたいに、まだ元気な引退者の再活用を! もちろん、防御用品の至急量産を!」

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2020年4月13日 (月)

またまた日本のおっさん的いやらしさ?

新型コロナウイルスに関しては、日本の検査数が他国に比べて異様に少ないことが、かなり前から問題視されている。またこの問題に対する政府等(とくにあの安倍さん)の答弁は、他の問題同様、誠実さを欠いている。ここには、何があるのか。

数に関する原データは、たぶんこれこれ。これらの日本語翻案の例としては、これ などがある。※

※: 新型コロナに関してはWHOなどによる統一的で標準的な各国からのデータ収集とそれらの一般公開が、未だに行われていない。ちなみにこれ は、日本の厚労省の4月12日に関するデータだ。

なぜ、日本だけが検査数が異様に少なく、したがっておそらく当然ながら、感染数や死者数などが同じく異様に少ないのか? 疑われるのは、検査機関による検査拒否であり、疫学や統計学の専門家も、この問題を指摘している 。※

※: たとえば、さいたま市の愚々々の保健所長の例がこれ だ。(このとんでもない愚々々氏の場合、先月25日までの時点で6631件の検査相談に対し実際に検査したのが95件というから、もちろん残りの6500余件がすべて陰性とは言えないので、たいへんおとろしいことをしてしまった、と言えるのである!!!)★

非常にスピーディーにあっという間に死亡した日本の有名コメディアンと、2週間の入院で退院できたイギリスの首相のことが、対比的に脳裏に刻まれるが、伝聞によると、前者は検査した時期がすでに遅すぎる時期、手遅れの時期だったようだ。遅すぎる時期に診療を開始していたら、英国首相も助かっていないだろう。具体的な犯人探しはできないが、日本の場合、上下左右さまざまな分野およびレベルでの、有形無形の後進性が社会において支配的であると感ずる。たとえば、政治家と上級役人たちの、お粗末なおっさん性。

日本の上部構造は、今でもまだ、かつての沖縄住民や広島市民、長崎市民のような、自国民の膨大な無意味な犠牲者を、平然鈍感に産み続けるのではないか。今度は軍でなく経済を大事にしたいらしいが、その根性では経済にも壊滅的な打撃が及ぶ、に決まっている。

島津製作所がPCR検査の高速バージョン(2時間ぐらい?)を市販するらしいけど、テクノロジーの世界にはもっと、5分とか15分とか短時間で結果の出る遺伝子検査装置が、今ではいろいろある。精度が高く迅速な検査体制を、全国的に迅速に整備してもらいたい。誰もが気軽に受検できて結果もすぐに出る状態が、必要だ。

★: 関連報道によると、「検査をなるべくしない」は、さいたま市保健所の所長の独断ではなく、もっと上のレベルからの全体に対する指示だったようだ。無症状でも陽性者からは伝染する、という知識がなくても、検査という母数が極少であることは、たいへん危険なことである。

 

 

 

| | コメント (3)

2020年4月 6日 (月)

今月のポジティブ(2020/04)

「南極越冬隊タロジロの真実」(北村泰一著)より:

そこで一頭ずつ海に葬った。その日は風雪が舞い、陰鬱な日であったが、犬たちを葬るのにふさわしい日であった。最後の一頭が、暗い海にゆっくり沈んでいくのを見て、私の魂はつぶれた。私の魂はつぶれた。

私の魂はつぶれた……。

 

この本の初版は2007年で、2020年4月とは何の関係もない。しかも書かれているのは、究極の悲嘆である。

 

「私の魂はつぶれた。」が三回も繰り返されていて、しかもそれが、本書のエンディングだ。

 

なぜこれがポジティブか。言い訳も理屈づけもない、100%完璧純粋な悲嘆だからだ。いまどきそれは珍しい。

なお、著者の北村泰一氏は、Wikipediaに項目がある。たぶん、第一次南極観測隊/越冬隊の、今や唯一の生存者かもしれない。

ぜひ、このエンディングをご紹介しておきたくて、今回書いてしまったのである!!

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2020年3月30日 (月)

新型コロナを相対化する試み

新型コロナウイルス感染症については、統計的に処理できるほどのレベルの数字はまだ出ていないから、読者各位、日頃マスメディアが報じるニュース等の数字から、本当に求める数字の像を類推ないし想像しながら、このささやかな文を読んでいただきたい。

日本の人口は今約1.3億で、1年の死者数は130万。すなわち、1年に死ぬ人の数は全人口の1%、百人に一人だ。1か月の死者数は10万強となる。3日で1万、1日に3000強だ。

新型コロナウイルス感染症による死者数も、その3000強の仲間入りをするわけだけど、果たしてその人数は?

日本人の死因のトップは、悪性新生物(がん)で、約28%、130万×28%=36万、1か月に3万で1日に1000だ。コロナによる死者数が1日に1000前後になれば、相当最強の疾病と言える。

死因の2位は心疾患(心筋梗塞)で15%、130万×15%=19,5万、1日の死者数はざっと500人強だ。

3位の死因は脳血管疾患(脳卒中)で全死因に占める率は8%、130万×8%=10.4万、1日の死者数は300弱だ。

あと、老衰や肺炎が7%台で4位5位を競っている。(老衰が最新データでは3位になったらしい)。

ここから先はまだちゃんと整備された数字が見つからず、マスコミのニュースからのうろ覚え情報だから、根本的に私が間違っている可能性もある。

・このウイルスへの接触者数に対する感染率は20%だ。80%は免疫力の高い健康強健な人なので、接触しても感染しない。ウイルス検査で陰性になる。

・さて、発病率==感染率と仮定すると、発病率は感染率と同じく100-80==20%だ。

・そして、発病した者の死亡率が1〜3%。これももちろん、いろんな説に基づく仮定。

日本人1.3億人が1年間で全員接触したとすると、感染者は2600万人。2600万の1〜3%が死亡するとすると、死者は26万〜78万。これは悪性新生物(36万)を超えることもある強力な死因となる。

1年間で全員接触はありえない、1年で全人口の1/3が接触すると仮定すると、死者数は9万から26万。心疾患や脳血管疾患なみだ。

というわけで新型コロナウイルス感染症はおとろしい病気ではあるけれども、これまでの強力な疾病と比べて極端にずば抜けて強力ではない。人混みを避ける、手洗いやうがいなど、注意は必要だけど、多くの人が、感染しないことや、自分の死因にはならないことを想定できる。その点、そのほかの死因上位の疾病と同じだ。

薬(特効薬)やワクチンは、あればありがたいが、がんも心筋梗塞も脳卒中も、なる人はなる。特効薬やワクチンはない。

------

厚生労働省の3/29現在のデータ

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10555.html

では、

累積検査数28760

陽性者1693  == 6%

有症状者数1378 == 上に対し81%

死亡者52

これらは、上の私の文の仮定よりも勢力が少なめである。

3/30についてはこんなのがある;  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200330/k10012357091000.html

--------

2020年の4月3日の厚労省データには、東京都における感染者数増大の影響が大きく現れていて、
A: PCR検査実施…39446
B: 陽性者…2617≒7%=B/A
C: 有症状者…1838≒70%=C/B
D: 入院治療…2040(+224)
E: 退院…514(+9)
F: 死亡…63(+3)
となり、D, E, Fの(+...)は4月3日ぶんのみである。
ここで乱暴に1億3000万人を検査実施者数として上の計算を当てはめると、1日の死者数700となりがんと心筋梗塞の中間ぐらいの大病となる。特効薬もワクチンもない現状では、やはりたいへんおとろしい病気である。

 

| | コメント (8)

«他者としての天候