2019年9月16日 (月)

災害地になってみて、あらためての感想

気候変動による日本などの災害の増と、経済変動による同じく日本などにおける経済格差の増は、「新しい現象なので抜本的かつ広範な対策がまだない」という点で共通している。

メジャーな、あるいはメジャーになりそうな政治家たちに、今の所、この問題に気づいているような人も見当たらない。でもせめて次世代には、政治家の意識も必ず変わらないと困る。

私が今住むC県は、今もまだ災害による異変の渦中なので、ごたごた書くことは措きたいが、象徴的で比喩的な話をひとつ: 屋根の瓦って、あんなに簡単に一気に大量に飛んでしまうものなのか?!

建築基準法というと、しろうとは今だに、「昭和30年代の法律」というイメージを持ってしまうが、災害の増加と激甚化という今の現象に対しては、たとえば「屋根の素材/構造/強度の基準」も新しくなるべきだ。自然への態度、姿勢を変えることも含めて。

日本も世界も、新しい課題がたくさんある、という時代に入りつつある。困難なやるべきことがたくさんあるのは、たいへんであると同時に、次世代の大きな生きがいになると思う。

-----

うちはラッキーにも、瓦が飛び去るような大異変はなかった。でもこれぐらいのタイフーンがC県の隣のT都を襲うことも十分ありえる。

 

| | コメント (1)

2019年9月 3日 (火)

他者をその他者として認識する良書

この本、たぶん本書そのものよりもAmazon上の読者コメントの方が参考になると思う。

これこれも 、そういう意味での良書のひとつ、と言えるかもしれない。

まだ、本当の意味での防犯の取り組みは、始まってすらいない。他者が、認識のゴミ捨てに棄てられたままになっている。それでは、防犯にならない。

警察がひまでひまで、毎日麻雀ばかりしてる時代は、来ないのか。毎日、警察が忙しすぎるよ。

 

| | コメント (3)

2019年9月 2日 (月)

語尾上げの無意識的な含意

語尾上げは、このブログまたは前身であるエッセイ集「コミュニケーション有能への進化」で取り上げた記憶もあるけど、今日たまたまググってみたら圧倒的に否定的意見が多いのに驚いた。とくにオトコどもは全員、強烈に語尾上げを悪者扱いしている。というか、検索結果ページを数ページ見ただけでは、そこに肯定的な意見はゼロだ。

現代特有の語尾上げ現象は、英語など他の国にもあるし、私はそこに勝手に、肯定的なものを感じている。

つまりそれは、一方的に喋るのではなく、「他者を意識している」ということだ。つまり、軽い問いかけである。「じゃない?違う?」という。

なにしろ人類は今後ますます、他者不在を卒業して他者をきりっとした他者として屹立した存在として認めなあかんくなっていくのである。

宗教の伝道なども、語尾上げの「じゃない?違う?」でやれば、会話性対話性を持ち、もうちょいおだやかになるだろう。

 

 

| | コメント (8)

2019年8月26日 (月)

新しい形の再配分

あるところからないところへの、貨幣価値再配分は、小規模ながらかなり昔から行われている。やる主体の大きさの順に言うと、国連の支援物資配布、国(日本など)の開発援助、大小のNPOなどの活動、そして個人の活動。

アフリカや東南アジアなどの最貧地帯で生涯を援助に捧げている日本人個人の方などの存在を知ると、偉いなぁ、たいへんだなぁと思うし。大規模なシリア難民キャンプなど見ると、国連物資がなければこの人たちどうなっていたか、と思ってしまう。最初のうち、押し寄せる難民たちを無条件で全員受け入れていたドイツのメルケル首相も、やはりとても偉い。でも、ドイツの救援能力も無限大ではない。

問題は、これら個別の努力の積み重ねでは、貨幣という差異の階層のずっと下の方に大量に発生する悲惨な超貧困をなくせないことだ。

で、私が前回の誇大妄想 に次いで言うなら、貨幣をなくせない間は差異の階層もなくせないわけだから、では、階層全体を底上げする取り組みをしたらどうか、ということだ。

これまで行われてきた貨幣価値再配分活動は、必要十分なスケールに達しないし、また、与えるだけってのはまずい。巣で口を開けて待っている雛鳥たちに、親鳥がせっせと食事を運ぶ、5月のツバメのように。

無力な雛鳥たちを「有力」にする必要がある。そのために、宇宙開発や人工知能は、スケール的に有効でない。

サハラ緑地化のような大規模プロジェクトを、あと二つ三つスタートさせて、資本側でなく彼ら側の利益のために労働を積み上げる。それにより階層の下が底上げされ、食べることと、ベーシックな保健衛生医療は確保される。

まだ十分に熟考してないけど、ラフなデッサンは上記のとおりだ。

お金持ちでは全然ない私がたまたまやっている捨て犬捨て猫の保護も、やはり、与えるだけには限界がある。なんとかせんとあかんわ。

| | コメント (4)

2019年8月22日 (木)

史上最大の土地改良計画

いわゆる西ヨーロッパ諸国が40度を超える猛暑に見舞われているのは、テロなどと並んで長年の雑な植民地主義のしっぺ返しのようだ。少なくとも象徴的な意味では。

肯定的な話だけを取り上げよう、というこのブログの新方針は、なかなか持続的実現が困難なので、肯定的な誇大妄想も含めることにしよう。

猛暑の原因は、サハラからの熱風だ。砂漠を緑地にすることの弊害はそれほどない、と仮定しよう。

そして、今から100年〜200年計画で、サハラ砂漠一帯をアマゾン川流域に負けない規模の巨大雨林+自然農法地帯に変える。

そのメリットは、ここでいちいち書く必要がないくらい明白だ。

余談だが、世界第二、おっと第三の経済大国と言いながら、食事を十分に摂れない子どもがたくさんいるなんて、本当に異常だ。アホノミックスを超長年続かせた野党勢力の弱体ぶりも、痛々しい。でもこちらは、サハラを緑地にしなくても解決できるはず。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (6)

2019年8月 6日 (火)

新しい日本人女性

ゴルフについては、ほとんど無知無関心な人間でありますが、このたび20歳にして国際チャンピオンになった渋野さんという方については、このブログにも明記しておきたいことがある。

それは、「危機に際してより積極性を選ぶ」という哲学だ。慎重さ、抑えめ、控えめ、現状維持、安全策等を選ばない。より強く、より果敢で、よりラジカルな方針を選ぶ。なにを選ぼうと失敗の可能性はあるが、最良の選択をしないで負けたときのダメージの方が大きい。しかもその強気策は、その時点の全体状況の直観的把握に基づいている。盲目的猪突猛進、ではない。

おりしも今日は、指導者層が何一つ強力果敢な決断をしなかったずるずる主義が招いた巨大戦災の、何度目かの記念日だ。それは渋野さんのような切り替わりの速い女性が意思決定者だったら当然防げた、超無駄超無意味な大量死だ。大量犬死。

この70有余年間、犠牲者多産型ずるずる主義は、変わる契機を得ることなく、無傷で生き残っている。今度はどこのゲンパツが壊れるのか。

 

| | コメント (5)

2019年7月27日 (土)

新しい日本人男性

否定的批判的なことはさんざん書いてきたので、もう、肯定的なことしか書かないぞ、と決めると、このコミュニケーション不能蔓延の世の中では何も書けない日々ばかり延々と続く。

そしてやっと目にとまったのが、岩手県大船渡高校の野球部監督、国保氏だ。エースの健康を優先してエースなしで県大会決勝に臨み、敗退した。

昔の、一億総玉砕主義、まったく無意味な精神主義、すでに負けが120%確実である戦争で、沖縄、広島、長崎(などなど)と大量の一般市民を平然と殺したくそオトコたちとは雲泥以上の大差だ。

国保氏で、新しいタイプの、人間尊重主義の、日本人男性がやっと現れたことに、すこしほっとした。

いやいや、まだまだ、人間非尊重の労災死や、子どもがまともな食事すらできない超低賃金など、ひでえオトコたちの専横は続いている。それでは今後のニッポンがますますだめになることに、えーかげん気づけよ。

そもそも高校野球というやつも、旧オトコ的無理や無茶が大手を振ってのさばっている。ださい。かっこ悪い。そして苛酷。「スポーツ」の語義が「あそび」であることを、しっかり思い出してほしい。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (10)

2019年6月23日 (日)

犬猫失敗話(第n回)犬が猫を噛む

これは私個人の失敗ではないが、誰の失敗であろうが失敗には普遍性がある。しっかりした知識と注意がない部分では、誰でも失敗を犯しうる。

犬が猫などの小動物を噛むとき、大半の場合は本気で噛んでいない。たわむれ、遊びのために、軽くくわえていることが多い。無視してほっておけば完全に無傷で解放される。(これは私の個人的体験。)

しかしそのとき人間の方がパニクって、騒ぎ、慌て、犬のあごを無理やり開こうとしたりワイワイやると、犬の筋肉はこっちの願う「弛緩」の方向ではなく、一瞬にして「緊張」へと変わる。そのときついつい、本当の噛みになってしまい、猫は重傷ないし即死する。

パニクらずに静かに優しく犬に話しかけ、犬用缶詰めなどの中身を鼻先にもっていけば、すぐに猫を口から放す可能性が高い。

このブログ記事に対しては、獣医師や犬のしつけのエキスパートなどからの意見に基づくコメントを期待する。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年6月10日 (月)

ユーザーインタフェイスとしての工業デザイン

「ユーザーインタフェイスとしての工業デザイン」というコンセプトは、コンピューターがパーソナルなものになって以来芽生えたもので、従来の工業にはまったく浸透していない。自動車も家電も、‘従来の工業’に属する。

そういう、従来の工業でいらつくのは、たとえば、テレビがoff状態のときリモコン等の8を押せば、8チャンが受診状態になってほしい、なるべきだが、「電源」ボタンを押した後で十分通電したあとに8をあらためて押さなかればならない。それが、旧工業デザインの一例だ。

エアコンも、off状態のとき「タイマー」ボタンを押せば、「入る」のタイマーとして動作してほしいし、on状態のとき「タイマー」ボタンを押せば、「切る」のタイマーとして動作すべきだ。旧工業のデザインでは、「タイマー」を押し、その次に「停止」か「運転」を押して動作モードを指定しなければならない。

幸か不幸か日本のメジャーな家電メーカーでなかったコロナ社には、本能的にユーザーインタフェイスとしての工業デザインを心得ている人が少なくとも一人はいるらしく、タイマー設定は上記のようなムダのない仕様になっている。それは、使うたびに快適である。

パーソナルコンピュータにおけるユーザーインタフェイスとしての工業デザインは、Apple社が有名だが、今日の話題としては避けておこう。

ここで書きたかった唯一のことは、旧工業の代表的典型である自動車における、停止のインタフェイスと加速のインタフェイスだ。今のデザインは、完璧な落第であり、完璧な不良デザインである。

そもそも、「止める」という意味の身体言語は何だろうか?

また、「加速する」という意味の身体言語は何だろうか?

止めるが、『脚(足)を踏み込む』という身体言語なら、加速するがそれと同じ身体言語であってはならない。絶対に!! 旧工業は、両者に同じ身体言語を用いている不合格なユーザーインタフェイスデザインである。およそ100年間も、不良デザイン、不合格デザインがでかいつらをして威張っているのが、自動車という旧工業だ。

でも、もちろん、自動車が今のような人殺しマシンでなくなるためには、並行して、正しい都市デザインも必須の急務である。

旧工業には、ユーザーインタフェイスとしての工業デザイン、という考え方がない。ゼロである。それは、オトコ的無神経的馬鹿の全展示会だ。

今からでも遅くはない。大学の工学部の、全カリキュラムをゼロから作りなおしてほしい。

★工業製品だけでなく、法律などの制度にも、ひでえユーザーインタフェイスという問題は山ほどありますね。

 

 

 

| | コメント (3)

2019年5月23日 (木)

貨幣==麻薬

そして、人類のコミュニケーション不能の、今や宗教をもしのぐ、最高最大の表象である貨幣経済もまた、その全規模にふさわしい巨大な最大規模の、悲惨な、貨幣不経済を基盤としてのみ、成り立ちうる。それを別の言葉で言えば、貨幣の価値は差異と、差異の巨大な階層である。

貨幣はその保有と使用が悪質な(==他者不在の)安楽と悪質な高揚を与えるという意味で、一種の麻薬であり覚せい剤である。それは、貨幣がn円得られているところには、同時にどこかにn円得られていないことが存在するから、その差異こそが他者不在であり、言い換えると貨幣の唯一の原料が他者不在である。富者は、膨大な量の他者不在を累積する。そして貧者は、克服しがたい量の他者不在の障壁にあえぐ。

貨幣が社会の主導権を握っているかぎり、他者を蹴落とす、競争する、だます、ごまかす等々の悪質な他者関係は存続する。卑小な人間がなくならない。それが、社会だけでなく環境の荒廃にもつながる。

人類は所詮、そんなお粗末な劣悪な生き物だった、で終わるのか、そうでないか、それは分からない。各所の、細々とした活動の芽には、希望が感じられないわけではない。

貨幣の麻薬漬けから醒めて、コミュニケーション指向へ脱皮する人が、少しずつでも増えていくことに希望を託したい。

| | コメント (12)

«ジャパンディスプレイ==戦艦大和