2022年1月28日 (金)

インターネット=馬鹿増幅器→衆愚ファシズムの肥大

「第一次大戦後の混乱するドイツで政権を取った当時のヒットラーを思い起こす」、菅直人。

ヒットラーとか、固有名詞を使うから話がまずくなるので、今の惨状そのものを突いてほしかった。

一億総馬鹿化というインターネットの弊害は、このささやかなブログのコメント欄にすら2〜3年前から最近に至るまで、顕著だ。へんなおっさんが多いわ。

脱出のためには、もっとみんなが、国際レベル、世界レベルで勉強&人生体験するようになることだ。※

「受験勉強」という、持続時間と影響力の大きすぎた『カーゴ信仰』を捨てて。そのカーゴは、もはや沈没寸前では?

※:Google、Facebook、Amazon、Appleなどの創始者が伝統的ネイティブアメリカ人でなく、移民の近子孫であることに何かを感じずにはいられない。そう言えば、孫正義氏も、ネイティブ日本人ではない。

| | コメント (0)

2022年1月13日 (木)

ますます酷い歴史の後遺症

以前私が「あとから襲来する他者」(http://alga.no.coocan.jp/comevo34.html)というエッセイを書いたときに例として挙げた怖ろしい他者は、現地の人すら知らなかった新種のウイルスでしたが、今ではそれだけでなく、各所における(日本も含む!)社会的人間的荒廃を挙げなければならない。

しかもその一つ一つに、改善の名手名案がない。一個人としての私にも、有効なできることはない。少々の捨て犬捨て猫の保護はできても、寒さで苦しんでいると思われるシリア難民孤児を保護できない。

原因は、植民地主義という大規模な搾取とその後の一連の戦争に対し、適正な後始末がまったくできていないことだ。荒廃の典型的な現象の一つとして、当人たちにそのことの自覚がない。テロに殺られて怒り悲しむだけでなく、テロの真因にまで思いを到したことがない。

歴史の神様は、そーゆー、テキトーとエエカゲンを許してくれないから、今のグローバルおよびローカルな惨状がある。

こんなことを言ってる私だって、ほんとうは、偉そーなことは言えない。適正な後始末が為されなかったことに気付かされたのは、恥ずかしながらテロの乱発によってだ。テロはけしからん犯罪だから取り締まる、では何も解決しない。

今後の(複数の)新世代による、旧弊無視の横断的努力に期待するしか、ないかもしれない。こちらの旧社会からだけでなく、旧植民地(等)の社会からも。横断的努力を、平気で遊びとしてやり始めるのは、いつも子どもたちだ。

 

| | コメント (2)

2021年12月13日 (月)

衆愚ファシズムどこへ行く?

この前の選挙以来、世の中に充満している空気と雰囲気がなんだか気持ち悪いので、書く元気が失せていましたが、まあ、まだ生きとる証拠として「あー」ぐらい書いときます。

一言で言うと、雰囲気が(具体的な事象ではなく空気のトーンが)ナチス台頭期の某国と似てるんです。それで、気持ちが悪い。

でも、当時、「れいわ新選組」に相当する対抗勢力がいたのか、それが不明。わが浅知によれば、いなかった。なかなか優秀そうな女性議員も何名かおられるようですが、れいわ新選組という珍妙な名前だけはなんとかしてほしい。

でも、ココロをすっきりさせる方法の見当たらない気持ち悪さだけは、相変わらず続いています。次の大変革は日本だけの問題ではなく、さまざまな新旧の大問題が絡み合う過程で起きてくる気がします。その大騒乱の中で日本が前向きに活躍できるためには、衆愚ファシズム的な空気に勝たんとあかんでしょう。

 

 

| | コメント (4)

2021年10月30日 (土)

日本人の論理音痴論理幼稚、芯までを過剰な共同体性の残滓残像が支配

この件はこれまで何度か触れてきましたけど、今回は、

某放送局「ナントカ儀もカントカ儀もなく、異例づくめです」

これは、当人が皇族の身分を去るのですし、それはすでに周知ですから、異例もクソもないのです。

一般人に〜〜儀がないのは当たり前です。異例ではない。

それを異例云々とする根性と同質の根性が、いわゆる誹謗中傷、一般的には「いじめ」の根底にある。

新しい、違ってる者を違ってる者として認めたくない。いじめによって排除したい。

日本人の、と書いたけど、程度の差こそあれ、いろんな国にあるのだろう。

これは想像にすぎないけど、みずほ銀行のしつこいバグも、ローカルとグローバルの混同、ローカルAとローカルBの混同に原因あるのではないか。

| | コメント (6)

2021年10月17日 (日)

今月のポジティブ I(2021/10/17)

書くべきことはいろいろありそうだけど、十分なヒマもなく、久々に良いビデオなので、とりあえずおすすめします。

https://www.youtube.com/watch?v=Oupx1T_VqQ4

このビデオがどんなに正論であろうとも、当時のソ連が北海道と周辺の島々を取ろうとしたのは、日本に対する占領政策を独占しようとしていたアメリカへの牽制がある。分かりやすくあえて話を単純化すれば、日米安全保障条約を廃棄し米軍基地を全廃すれば、ソ連、おっとロシアは、四島返還の交渉のテーブルに着くかもしれない。

 

 

| | コメント (4)

2021年10月15日 (金)

今月のアンチ・ポジティブ(2021/10n1): 疫病対策と差別

日本の行政担当者の無能について前回も書きましたが、今回は疫病のワクチン接種について。

そもそも、目の前に人の集団がおって、それに対し、「あんたはAAA国人でない」とか「あんたはBBB市民でない」などと差別することは、笑い話にすらならないナンセンスだが、無能人はそのことに気づく能力もない。

そもそも免疫力の有無は、当人だけの問題ではない。その人が接する多くの他人の問題でもある。どうしても差別して接種をしないのであれば、行政の責任でその人を無期限隔離しなければならない。無能行政人は、それすらしない。単なる無為と放置だけだ。熱海市の土砂塊と同じ。

それとぜひやってほしいのは、「免疫力をチェックして、免疫力のある人にはヴァクシネーションをしない」という方式だ。この際、必要な節約が重要ではないか。グローバルに見れば。

この没論理性の最終的な行き先は、何だろう?おそろしい。

1017追記: 最近発表される一日の新規感染者数がやけに少なくなっているけど、それらの数値は、前の3桁4桁以上だったころの数値と比較して感想できる正しい統計学的有意性があるのか、その肝心のことが発表されない。某サイトでガイジン投稿者が、「最近の日本は検査数をすごく抑えているから感染者数が低くなるのも当たり前」と批判していた。この数値が妙な欺瞞だったとすると、またタイヘンなことになりまっせ。(注: 専門家のこんな見解 はあるが。)

 

 

 

| | コメント (0)

2021年9月24日 (金)

今月の巨大ネガティブ: 世はなべて事もなし

要するに公務員、とくに地方公務員という安定身分を志向する人間の哲学は「 世はなべて事もなし」である。

世の中に重要なことは何もない。と毎日々々思いたい。と思っている。

給与の貨幣価値は、難しい努力課題が何もないときが最大である。価値最大を毎日維持したい。

虐待の訴えがあっても、「対策を要することは何もない」と思い込みたい、という気持ちが最優先する。

「そりゃーたいしたことではないよ」という思い込みがつねに最優先される。最悪を想定することは絶対にない。そんなの、めんどーだもん。

熱海市の、大量排土長年放置(土留工事ゼロ)も、その根性の産物である。一人ぐらいが、早い時期に真剣な対策を訴えても、無視される。

対策は、公務員の仕事の仕方に関する再教育である。「勝手に最善最良を予想しない&早期対処」を鉄則とする。もっとも行政コストが安いのは、早期対策したときである。失われた子どもの命のコストを無限大とすれば。今の地方公務員は、子の命なんて、無限大どころかゼロと見なしているかもしれない。

×世はなべて事もなし。

○世はなべて事だらけ。

 

 

| | コメント (4)

2021年9月19日 (日)

今月のポジティブ202109(はありません)

そのすべての無様(ぶざま)さをちょっと置いといて言うなら、テロに対する「武力による解決主義」の放棄はめでたいことと言えるのかもしれないけど、今後どうするのかがまったく見えてきませんね。なんか、良いものがちらっと見えるのならいいけど、なにもないし、次の手の模索はとても難しいと思える。

だから、少なくとも短期的な現状は、八方塞がりに見える。

やっと正しいスタートラインにつける日の前々日ぐらい、かもしれない。

みなさま各自のことはよく分からないけど、私の場合は新型ウイルス病は、家族も含め、免疫力があるせいか、ふつうに生活できてる。ただし世界が今抱えてる問題への解決助力はほぼゼロである。武力もだめだけど、単なる金の支援も相手側の腐敗を増長させるだけであかんみたい。

国際的な取り組みによる、一般庶民の生活力をempowerする努力が、すべてのベースとして必要でしょう。それぐらいしか、言えません。

 

| | コメント (0)

2021年8月27日 (金)

他者不在は論理性の拒否で民度慢性低下

女性が何をしても良いとか悪いとか、それをなんでオトコが決めるん?

オトコにそんな権利、ないじゃん。なんかの神話(宗教フィクション)が何と言っていようと、ないもんはない。

ない権利を、高々と振りかざす、偉そうに強いる。あんた、いったい、何様のつもり?

そんな高慢、どこのどんな神さんもお許しにならへんで。

これ、宇宙最大の馬鹿。これ以上大きいものはない論理性音痴。

ここが、人類最大の分岐路。どこでも、もちろん中近東でも、多くの人が正しい方の分岐へ歩みだしてほしい。

この馬鹿は、国と社会を圧倒的に停滞させる。コミュニケーションへの進歩の仲間入りができない。

もう一度言う。ここが、人類最大の分岐路だ。

| | コメント (2)

2021年8月23日 (月)

今月のポジティブ(2021/08/22)横浜市長選

選挙がまともなら結果もまともになることを、あらためて認識した。

自民党的保守のとっくに廃品化している論理は:

・今後の長い将来のある若者を大量に娯楽&賭博施設の労働者へと拉致して、「雇用創出」「産業振興」を自慢する。

・しかしその娯楽施設は観光に来る人にとって日本の魅力にはなりえない。むしろ日本の新たな汚点になるのみ。

・本物の産業振興産業育成ではないから、所得は上がらず、日本人客も来ない。

・不振不採算施設になることが、最初からみえみえ。

※前回「宗教と貧しさ」と関連して言えば、軍の長期駐留は全然「テロ対策」にはなりえない。彼らにできることは、無限の愚かしいもぐらたたきだけだ。もぐらがいないようにはできない。カジノ等で「雇用創出」「産業振興」をうたう日本保守と、「テロ対策==軍備」をうたう米欧保守は、同じタイプの愚かな脳だ。

彼らが良い生活を築けるようにすることが、真の産業振興であり、真のテロ対策なり。必要なものは軍ではない。豊かさである。

良質な選挙なら、馬鹿保守を葬り去れることが実証された。アフガンは、いろんな草の根やスタートアップへの着目と、彼らのガードが必要だ。

自民党は、わが身を切る覚悟で良い選挙への転換を。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

«貧しさと宗教