2022年5月27日 (金)

論理力の貧困を解消せんとやばい!

具体例はあまりにも多すぎるので、ここではあえて、非常に形式的抽象的に書きたいと思うのですが、インターネット上の粗悪投稿で多くの比率を占めているのが「論点の勝手なずらし」です。このブログのコメント欄も、ときどきこの種の無用な論理汚染の被害者になっています。

それは最初の投稿者がxyz(abc)、すなわちabc文脈におけるxyzについて書いていると、それへの応答としてxyz(def)、すなわちdef文脈におけるxyzを論じて、最初の投稿者への批判や反論とするものです。批判の対象となっているxyz(def)の発言者は、その時点ではあたりにいませんから、それは、存在しない者に対する批判反論等となります。

彼彼女は、自分の想像に中に作り出した、実在しない、仮想の敵を叩いています。言葉遣いだけは、妙にいやらしいものや、険悪or高圧的なものが多いです。そのような言葉を他人に対し威圧的に使うことに、なにか快感があるのだろうか。

というか、彼彼女は、xyzがabcという文脈で存在する、自分とはまったく異なる、他者の存在を想定想像できない。世界の全員がxyzといえばその文脈は誰しもdefだ、と勝手に信じている。

すなわち彼彼女は、def村の村民であり、ココロとアタマがその村から出ていない。xyzと言えばdefのそれに決まっている、というアタマしかない。そのココロとアタマの中では、人間像が多様化していない。

そんな人物が国の独裁者だと、怖ろしいことになりがちだし、日本でも近い過去にそんな怖ろしい状態があった。昨今のいじめも、村人による非村人に対する虐待行為が多い。

オリジナルの発話者はXYZという含意でABCという言葉を使っている。ところが聞き手や読者の某氏はそのABCをPQRという含意へと理解つまり誤解し、その誤解に基づいて発話者を非難したり、間違った了解を持ったりする。

システムの不祥事の連発がめちゃくちゃ多かったみずほ銀行に、金融庁監督局というお役所が業務改善命令を発行しているが、その説明文書「みずほ銀行及びみずほフィナンシャルグループに対する行政処分について」(R3 11月26日)の中で不祥事連発の「真因」を4点挙げている:

(1)システムに係るリスクと専門性の軽視
(2)IT現場の実態軽視
(3)顧客影響に対する感度の欠如、営業現場の実態軽視
(4)言うべきことを言わない、言われたことだけしかしない姿勢

とくに最後の(4)がおもしろいが、上記4項とも、コミュニケーション能力の貧困、コミュニケーション能力の、最初からのやせ細りが原因だ。巨大銀行3行の合併が孕む、複数の強力な村根性が、全行的コミュニケーション貧困の原因だったかもしれない。

それら不祥事の多くには、過負荷状態の予知対応能力の欠如が関係しているようだが、世界観の狭い村人根性がここにも関係しているかもしれない。本当のシステム統轄者が、いなかったみたい。

| | コメント (0)

2022年5月18日 (水)

今月のポジティブ(2205-1): 市民と政府の両方に説明責任がある台湾のデジタル化

この記事は台湾のデジタル相オードリー・タン氏とジャーナリストの堤未果氏の対談ですが、台湾における社会的デジタル化の進め方の部分が興味深いので、このリンクが壊れていてもどこかで探し出して読む価値はあると思う。

私の昔々の訳書に「IBMコンパチ機の作り方」というのがありまして、今なら‘コンパチ機’のところは‘互換機’になるでしょうが、なにしろこれは、IBM PCと同等のPCを自作手作りしよう、というアメリカで出版された一般大衆向けPC本の訳書です。手作りパソコンのベースとなる部品はすべて、台湾製です。

かんじんなのは、こんな本が日本やアメリカで出版され、多少売れるのは良いとしても、手作りPCを作るためのパーツやコンポーネントはこの日米二国ではまったく作られ売られていないことだ。当時からすべて、台湾製だ。(メモリやプロセッサーなど汎用・多(他)用途の半導体は日米の大手が作っていたが。)

そして今や、半導体でも最終製品(PC、スマホ等)でも世界のトップは台湾勢ないし、中核の部分に彼らがいる中国勢だ。

私が言いたいのは、「草の根の威力」ということ。

そしてここで取り上げる台湾の社会的デジタル化も、草の根的であること。そのため、個人が社会に対して責任があると同時に、社会(〜政府)は個人に対して責任がある。そんな構造の実装として、デジタル化を進める。

非常に単純化して言うと、既存の分厚い産業構造があって、そこに潜り込むための競争に勝つこと(==競争社会)が人生の目標とされる日米と、何もないから自分で何かを作り出さなければならない台湾の違いが大きい。(ただしアメリカでは移民やその子孫という、非体制的な部分がある。そこが移民排除国ニッポンと大きく違う。)

新しいものが生まれ育つのは、当然、既存部分が希薄な後者からだ。そこでは政府など上部構造が強いだけでなく、平等に民間部門も強い。両者同格になり、同格をベースにシステムが構想され実装される。

そして、日本のデジタル庁という、わけのわかんないお役所は、「国民総参加」という匂いがゼロで、従来のお役所仕事を、論理構造は既存のそのまま、機械化合理化効率化する、程度の匂いしかない。新しさや、それに対する期待がない。

情報化、コミュニケーションの全面的円滑化を、狭い牢屋に拘置したままで推進されるお役所仕事のデジタル化。夢がない。とくに国民の側の。

(競争社会で勝ち抜いてきた連中ってのは、それが社会の揺るぎなき骨格である、という視野しか持ち合わせていない、と思われる。)

というわけで、これからの日本の子どもは、今のこの国の狭域的競争社会にバイバイ別れの手を振って、広域的参加社会を目指した方がええんとちゃうかな。草の根が、まず徐々に、グローバルに散在的に作られていけばよい。

 

 

| | コメント (2)

他者不在: 子ども編

いまどき、こんな話を書くのは遅すぎるかもしれないが、でも数名の読者の今後の生活の役には立つかもしれない。

子どもは、自分が今いる環境の構造的・論理的な把握力理解力が未熟なので、自宅までほんの数メートルの距離でも迷子になってしまい、あらぬ方向へどんどん行ってしまい、より深刻な迷子になってしまうことがある。

重要なのは、外では「絶対に子どもから目を離さないこと」である。うかつに、子どもの認知能力を過信してはいけない。

車の教習所では、「だろう運転をしてはいけない」と教わるし、とくに子どもや高齢者は「次の瞬間に何をするか分からないし、彼らが次にどう動くかを予測してはいけない、予測に基づいた運転をしてはならない」と叩き込まれる。外で子どもから目を離すことは、たとえ一瞬でも、これと同種の危険を招くことになる。

| | コメント (0)

2022年5月11日 (水)

他者不在: 戦争編

平凡で普通の常識人として今回のロシア→ウクライナ侵攻を見たとき、いちばん気になるのは、ミンスク合意(「ミンスク議定書」)と呼ばれる合意事項を一方的に無視したU側に事件の責任はないのか、ということだ。そして、プーチン氏は、合意の破綻が侵攻のトリガ(引き金)だったと公言している。

これまでの報道では、U側がその議定書を無視し守らなくても当然、と言えるほど(世界が公認できるほど)の状況はなかったようだ。当初、東部の一部集団の暴走としても、U政府はそれを抑止しなかった※。事態は破綻へと向かっていった。

※: そこでプーチン氏から「ネオナチ」とか「テロリスト」などとレッテルを貼られる。とんでもねーと思っても、何しろ相手の受け取り方がそうなのだ。

議定書の無視にアメリカがどう関与したのか。「そんなのいいよいいよ、無視無視」と米がU政府上部に対して言ったのなら、米は重大な共犯者だ。合意を無視した状態を問うことなく、武器だけをぎょうさん提供し続けている現状も、ある種の共犯行為と言えるかもしれない。

いずれにしても、U現政権や米のように、「そんなの、大したことあらへん」という気持ちと、彼らにとって他者であるR側の受け取り方には、すごい厳しい乖離がある。他を理解するとは、そういうこと。

言うまでもないことだが、自分だけの一方的な気持ちというものは、全世界に通用しないのが普通だ。国家の立派な政治家であり、またその優秀なヘルパーでありたいのなら、自分らとは違う「他」をよく理解することが、良い政治、良い外交の第一歩ではないか。

追記(220512): ウクライナの学者や研究者の中にも、今のゼレンスキー大統領を「彼のやり方ではいかなる外交的解決や政治的解決にも行きつかない」と批判する声がある。たとえば、Olga Baysha氏

 

 

| | コメント (4)

2022年4月27日 (水)

地域の尊厳を育むことを楽しもう

real communications science、本物のコミュニケーション科学の準備をする、と謳うこのブログも、そろそろ20年近くになるので、簡単なまとめをここらで書いてみよう。

●結論: 人類社会がコミュニケーション有能をベースとするために必要なのは、これまでの、

『「他者不在」の自覚と、その克服』

である。

あらゆるものに、その、確固たる他者の尊厳を認め、リスペクトすること。他者を恣意的に扱う他者不在を、解消すること。

●いちばん包括的で悪質な他者不在は、絶対者に対するぬけぬけたる他者不在、すなわち宗教だ。絶対者を、共同体が定義した玩具にしてしまう不埒。

●一方、シンプルで分かりやすい他者不在は、動物園(とペット)や「アレ」である。今の時期、自粛して「アレ」としか書けない。

●その、地域に対する他者不在認識/行為であるアレをやめて、地域を地域としてリスペクトするやり方はいろいろある。ヒマとカネをアレのために使うのではなく、営農支援など、自然と接する活動に子どもも含めて参加する、など。そんな芽生えは、すでに随所にある。

☆代理店などは、地域リスペクトを核とする商品開発に専心すべきだ。好き勝手な消費行為であるアレではなく、前向きの地域参加を核とする。それらをいわゆる、地域再生の核にしていく。

☆もうひとつ重要なのは、自分と家族が今生きている地域〜地域社会への貢献だ。ヒマとカネを、アレのような純消費行動ではなく、地域を支えるために投ずる。たとえばうちの場合は、地域の遺棄猫や遺棄犬の保護を30年近くやっている。殺処分を、微々たる規模で防げている。今後は、犬猫でなく、人間に対して、やるべきことが地域社会にはいっぱいある。独居高齢者に夕食を届けるとか、非常にマイナーなレベルでの交通安全対策など。

自地域と他地域。地域に対する創造的主体的な取り組みの拡大普及により、あの、なさけない消費活動にすぎないアレが、代理店の商品企画としても、衰微していくだろう。アレは、徐々に、実りない、つまんないイメージのものへと、格を下げていく。

地域を完全に消費対象とするアレは、動物に対する動物園と同じく、完全に不健康不健全(両者にとって)病的であるので、早急に廃棄されるべきである。

---------

「他者不在」は、他者がいるべきところに他者がいないことです。動物園が説明に便利なのは、厳然とした他者であるはずの、自然の中で仲間たちと楽しく生きているべき象やゴリラたちを『拉致』してきて、人間が自分たちの楽しみの対象にしてしまう==本来の他者性が失われる、からです。他者不在が自覚解消された人類社会では、動物園のようなものは自然に廃止されているでしょう。

| | コメント (4)

2022年4月21日 (木)

今月のポジティブ(202204n4): 通知表を廃止した小学校

それは茅ケ崎市立香川小学校でありますが、本題の「教育効果」については、あちこちにいろんな報道があると思うので、ここでは副次的メリット二点に絞りたい:

(1)教師の膨大な量の事務雑務がなくなる

いまどき、がっこのセンセになりたくない理由のひとつが、労働のタイヘンさだ。通知表関連労働をなくすだけでなく、例の部活というやつも教師の重労働負担を大幅になくさないとあきまへん(例: 父兄ボランティア地域ボランティアの活用)。それによりココロとアタマが児童という「人間」により多く向くようになるでしょう。主関心が人間に向かえば、発達障害などの概念分類への関心も日常的に希薄になるでしょう。

(2)父兄との会話の中心話題が人間としてのその子自身になる

通知表というメトリクス(数値化媒体)を間に置かずに、会話の初めから終わりまで、ひとりひとりの、生きた人間をメインの話題にできる。日常的に、児童を、人間としてよく見れる感じれるようになる※。ただし教師らは、人間とその成長の多様性について認識と勉強を深める必要がある。

人間という多様な個性をベースとする生き物の教育を、単純に数値化ランク化することは、致命的な間違いである。

※: それには、いじめ防止や、受験戦争(とっくに荷のないカーゴ信仰!)無価値視化の効果もあるだろう。

以上、47NEWS→Yahoo!ニュースJAPANより https://news.yahoo.co.jp/pickup/6424400

 

 

 

 

| | コメント (3)

2022年4月11日 (月)

眠りから覚めた(?)EterNow

明日(4/12)は「EterNow, 今がすべて」のCD復刻版が発売される日と思いますので、以下はその宣伝のための一文です。これは、復刻版の「ライナーノーツ」として1月に書いたものです。宣伝といっても、著作権者は私ではなく松村雄策の遺族となっています。私は、というと、文章でも何でも過去の作品はこっ恥ずかしく感じてしまう方なので、あえて下働きに徹しています。

===ではでは===

夢破れし「美少年歌劇団」
岩谷 宏


1970年代半ば、私がやろうとしていたのは、「美少年歌劇団」です。ちょっと不正確な言い方をすると、“宝塚の男子バージョン”です。それは、発想した時点では、日本の芸能界に革命をもたらすビッグな構想だったのであります。タイミング的には当時のグラムロックと同時期ですが、グラムロックにインスパイアされたという記憶はありません。でも当時のディヴィッド・ボウイーやTレックスやロキシー・ミュージック/ブライアン・フェリーなどの音やパフォーマンスは大好きでした。とくにその、男的なものや男っぽいむさ苦しいものを否定するスタイルは、美少年歌劇団が志向するものと同じだったでしょう。

もう一つの動機は、私が感動した松村雄策氏のバンド「自滅回路」のメジャー化です。そもそも、これだけかっこいい名前の日本のバンドは、21世紀の今になっても存在しません。そもそもロック音楽には人間や自己、社会などの現状に対する否定的なもの、ネガティブなものがガツン!とあるべきものですが、日本のロックと称するぬるい音にはそれがない。ちゅうか、根底のコンセプトがない。だから「自滅回路」にだけは絶対、大メジャーになってもらいたかった。

人間は、自分のことを万物の霊長とか言って威張っているけど、その歴史と現状を見るかぎり相当ひどい生き物です。そのひどさを点検していくと、これまでの人間のコミュニケーション不能、いや、不能以前の、コミュニケーション無志向、手っ取り早く暴力に依存する傾向がある。人類の雄という地球上の最下等動物が、正当な根拠によってではなく暴力によって権力を握っているかぎり、この『ひどさ』はなくならない。永続する。

もうひとつ、お金、貨幣というものも、人類の歴史と社会のひどさ、そして往々にして暴力性の原因になりますが、こちらも緩和されていく傾向はまだありません。シリアとかアフガンとか、本当にひどいところを見なくとも、経済大国と言われる日本ですら、まともに食事を食べられない子どもたちがいます。それなのに政治家たち(男)は、日本の経済政策は成功、と言っている。

というわけで、男の男性(オトコセイ)を否定する、オトコにもっと柔らかく優しく美しく、感受性が繊細豊かになってもらうことを目指して、美少年歌劇団「イターナウ」を立ち上げたのです。イターナウは英語のアルファベットで書けばEternow、Eternal(永遠の)Now(今)となり、本当にあると言える唯一のものは「今」だけですから、それを大切にすることが、人類の優しさ革命、コミュニケーション最優先社会のベースである、と直感しています。どなたも気づくと思いますが、従来の人間の存在感の中には、「今」という時間軸がないですよね。今は、非常に長年、疎外されてきました。

このCD上にあるものは、そのEternowの最初の公演の音楽の一部です。最初の公演は、以下に述べる理由により、最後の公演になってしまいました。曲は単純なものばかりですから、解説は略します。

いろんな方々の参加と協力で、Eternowの形が出来上がっていく中で、しかし私の中では「やる気のなさ」が徐々に首をもたげてきました。大きな疑問があるのです。それは、「ステージvs.オーディエンスという形の関係性に未来に向けての意義や意味はあるのか?」という疑問です。

ステージの上では5本の指か10本の指で数えられるくらいの人数の、少数で、それぞれ同定可能な(名もあり顔もある)人間がその内部的関係性の中でパフォーマンスしています。ところがオーディエンスは不特定多数で、お互いの顔を見ることもなく、お互いにコミュニケーションすることもパフォーマンスすることもなく、無言の大衆塊としてステージ上の演技物を「消費」しています。多数の顔のない消費者vs.少数の演技者という、スタティックで不毛な関係がそこにあるのではないか。

そこには、対話性とか、何かを一緒に作っていくという、ダイナミックな関係性がありません。その後台頭してきたインターネットには、そんな動的関係性を構築・維持・生成・変化していく能力があります。そういうものと比べて、人の関係性が築かれないスタティックな古典的エンターテインメント産業には、将来性がないのではないか。

Eternowもまた、オーディエンスvsステージパフォーマンスという古典的エンターテインメント商品にすぎないのではないか。今や、沈黙のオーディエンスというものが、不気味で無意味な存在です。

いわゆる、インターネット革命が始まるその前夜、私は静的芸能商品というものに、メインの関心を失いつつありました。しかしそのインターネットも、今やおかしな問題をいっぱい抱えています。

松村氏と日下さんなど自滅回路の面々、それに石田くんや窪田晴男氏のような優秀な人々がたくさん集まったにもかかわらず、かんじんのプロデューサーが大きな疑問符の自縄自縛に陥ってしまいました。いまさら言うのも白々しいですが、当時はいろんな方にご迷惑をおかけしたことをお詫びします。

そして今回、奇跡のように過去のわれわれの努力の痕跡を復活してくださった赤司氏らに感謝申し上げます。「美少年歌劇団」というコンセプトそのものは、今でも、未来的に有効かもしれません。日本のいわゆる「アイドルグループ」が、あまりにもつまらないだけに。

--end--

==============

ウクライナの被侵攻都市の映像で高齢の女性が「三歳のとき避難をした私がこの歳になってまた避難をしている」と嘆いていた。私も2〜3歳のころ、ぼろアパートの庭に掘った防空壕の中で家族や他の住民と一緒に時間を過ごした記憶が今でも鮮明にある。子どもなので恐怖感はなく、むしろ、おもしろかった。爆撃は実際にはなかったから、状況は今のウクライナや往時の広島、東京などとは大違い。平穏なものでした。日本列島の今後の防空防災は如何?

オトコというイキモノには、世代交代による微量の進化すら皆無なのか??

 

 

| | コメント (11)

2022年4月 8日 (金)

大型犬対策==機敏さ+腕力

前にも取り上げた、読者のコメントができないブログの記事で、大型犬が幼児を襲うなどの事故防止として:

動物病院などに連れて行くとき--

・首輪が外れないように、家を出る前に点検する

・胴輪もつけておく

・他の動物とのトラブルを避けるために、予約する

・動物病院に連れて行くのが難しい場合は、往診にする

とかあるけど、とにかく一般的にどこにおいても、幼児など弱者がそばにいるときは「リードを短く持って」犬が無用な前進をしそうになったらリードの短さで抑えるという急ブレーキ的な「素早さ」+「前進を未然にストップする」強力な腕力、腰力、足力が必要です。万一自分が怪我しても、幼児が怪我するよりずっとましです。

 

| | コメント (2)

2022年4月 3日 (日)

今月のポジティブ(2)(2022/04/03): なりすまし犯人をつきとめた「なるさわ」さん

フィッシング(なりすまし)による名誉毀損ツイートで仕事を失ったNさんは、まずTwitterに発信者情報開示を請求。1か月で犯人のIPアドレスを入手。次はそのIPアドレスを提供しているプロバイダーに契約者情報を請求。7か月で氏名住所を入手。弁護士費用等、これで40万円を支出。

このあと、話は民事訴訟、和解と続くが、詳しくは記事を。Nさんが偉いのは、とんでもない犯人に対し、復讐をいっさいしていないこと。

このわたくしはもう、5年以上も前からTwitter、Facebookなど、メジャーなSNSに投稿アクセスをしていない。にもかかわらず、他の処も含め、なりすましがいる気配はある。まだ甚大な被害はないので、放置している。

今のインターネットはそもそも、大学〜学生間のローカルなコミュニケーションネットワークとして作られている。最初から、グローバルでパブリックでオープンな通信ネットワークとして設計されたわけではない。ひとことで言えば、欠陥ありすぎ!!! 今代表的なアプリケーションとなっているWorld Wide Webも、元々は研究者間のローカルなネットワークとして作られている。

セキュリティの問題が山ほどあり、対策はつぎ当てのようなちゃちなものばかり、しかも今や超難解。

インターネットという名前は残ってもよいが、基本アーキテクチャとプロトコルは100%一新しないと、ぜったいあきまへん。

Twitterさん、そしてプロバイダーさん、情報開示に1か月7か月は長すぎです。また、費用40万なんて高すぎです。今のインターネットは、どうにもこうにもだめです。

そして雑談: ハフポ(ハフィントンポスト)日本語版は当初あまりにもユーザー・アンフレンドリーだったのでずっと敬遠していましたが、このNさんの記事はハフポ(Japan)のオリジナル記事です。この記事もしかし、法的アクションを起こしたいと日頃思っている読者のための実用記事としては弱い。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年4月 2日 (土)

発達障害という便利なレッテル

わたくしはチューリップという花は最後が汚(きたな)らしいので好きくありませんが、お好きな人のお庭には、今が盛と咲き誇っている。

その揃いぶりを見て感じるのは、今の学校に代表される体制的教育は、児童生徒にこのチューリップたちのような画一的そろいぶりを期待しているのではないか。

今のいわゆる先進国は、未知と多様化の世界であるので、教師たちの期待に沿わない変化形がさまざまに存在する。新しくて名付けようのない形もある。

本当に何らかの症状のある者を除いては、「〜〜障害」という分類はまずいのではないか。

多様への正しい対応は、今の義務教育やその担当者たちの認識や能力の手には負えない課題かもしれない。

でも、障害というレッテルは貼らない、どんな子かじっくり見ていく、という態度が必要ではないか。

親も、自分の子の宇宙にそれ一つしかない個性を、信じることを子育ての基盤にすべきだ。学校(集団、画一)という場が全然合わない子なら、それなりの対応も必要だろう。

いずれチューリップ畑にも、得体も知れない花々が咲き乱れるようになるだろう。

それらを、摘み捨てる必要はない。

 

| | コメント (3)

«今月のポジティブ(220402): 一周遅れでもいいから日本もモダナイズできるか?