2022年10月25日 (火)

今月のポジティブII(2022/10/25): 中村淳彦氏; 人の話の聴き方

コミュニケーションの具体的で細部的な技術を述べた記事は珍しいし、貴重だ。

とことん相手を尊重する

聴き手の論理を優先しない

このブログの重要なテーマである「他者不在の廃絶」が、ここにはすごく具体的にある。あらゆる人が参考にするべきだ。

 

| | コメント (4)

2022年10月22日 (土)

今月のポジティブ(2022/10/22): 五ノ井里奈さん

それにしても、判決確定まで1年は長すぎますね。それ自体が、もう一つの巨大なハラスメントですよ。日本の上部構造は、情報やコミュニケーションに関して、徹底して消極性や、彼らに都合の良い低次元な曲解を選ぶ。同時期に、もう一人のセクハラ被害者に対するおバカコメントも、めでたく有罪が確定しましたが、ネット上のアホなコメントの多さでは日本が世界トップじゃないかしら。動機はよくわかんないけど、薄汚いとしか感じない。心と人格の、醜い裸をさらして…。

政治家と悪質宗教との関係も、彼らは、今のやつの解明処分まで徹底して牛歩のつもりでいるらしい。しかも具体的にその特定の宗教(?)団体だけでなく、ほかにもアホな日本庶民から大金をふんだくっている宗教もどきが、いろいろあるんじゃないの。億単位のお金が、そんな方向へ行ってしまう国なのね、ここは。いやあ、そんなの、現世代までにお願いしたい。

 

| | コメント (1)

2022年9月16日 (金)

プロコル・ハルムの訳詞論、その後

4年前に、「青い影」という、ださい邦題となっている名曲の訳について中途半端に議論しましたが、ごく最近の参考ページ としてはこれがおすすめです。英語圏の人たちにとっても難解であることが、わかります。 Whiter Shade of Paleというのは、黒から白までのグラデーションがあって、その白い方(Pale)の、さらにより白い方、という意味ですね。

 

| | コメント (1)

2022年8月28日 (日)

今月のポジティブ(2022-0828-2): テレビ放送権の民主化始まる

と、タイトルは相当、羊頭狗肉っぽいが、最近は各テレビ局、番組を自作せずYouTubeビデオだけで編成、という番組が多くなった。

すなわちテレビ電波の利用権のユーザー化(という当たり前)、が微々として始まっているのだ。

電波放送権を独占的に寡占してきたタレント族は、比喩的に言えば、全員死刑!!

もちろん悪いのは、そんな怠けの上にあぐらをかいていた局側の方だけど。

テレビ東京は、電波の一般庶民物化に、一歩踏み出していたところは偉い!! ブンカ勲章ぐらい、あげたい。

| | コメント (0)

今月のポジティブ(2022/0828-1): Twitterの脱アプリ、プロトコル化に言及

売却案件でうんざりしたらしいTwitterの創業者、ドーシー氏が、「Twitterを企業にしたのは間違いだった。単なる汎用プロトコルであるべきだった」、と発言した。インターネットがより大人段階へと成長していく、最初のきざしだ。

今、電子メールアプリ(メーラー)がさまざまあるように、プロトコルになれば参入と実装の完全な自由が生ずる。SNSや検索等々、いろんなアプリもプロトコル化すべきだ。大企業が独占のような形をとってる現状は、全解消されるべきだ。検索も、共通プロトコル上にもっとおもしろいのが、いろいろあるべきだ。今は、そんな才能が、生まれる前から死んでいる。

なお私は、現状のTwitter、Facebook等々、完全に無関わりですから、ご承知ください。

| | コメント (1)

2022年7月28日 (木)

今月の他者不在(220728): あんなやつを自分の同類と視て処理したいのか

今の福祉とやらは、高齢者等から老いてからのさまざまな楽しみを奪い、社会貢献力にも封をしている。じいさんばあさんは、日向ぼっこをしながら、そこらで遊んでいる子どもたちに説話をすることが楽しみのひとつだ。私の子どものころのそんな説話にひとつに、「悪いことをされて仕返しをすると家族が末代までたたる」という仏教説話があった。悪いことをする人間になってしまった不運な者をむしろ憐れみ、お釈迦様のご慈愛がそいつを救うことを祈れ、というのだ。

法医学の知識や理論について何も知らなくても、自分にとってまったく未知無関係な人間を多数、一挙に殺してしまえる者は、私やあなたや、被害者の家族などと同類の平凡な凡人ではない。本稿の論旨で言えば、それは釈迦の目にとっては、救うべき病人だ。病人をまともで健康な凡人の仲間に入れて、まともな人間の仲間として極刑を科すことは明らかに罰、「仕返し」の論理だ。

問題は、被害者の家族の多くが本当に、死刑という極刑を希んだのか、という点だ。

無意味な無差別殺人を犯すという、とても不運な星のもとに生まれてしまった犯人の、今後の人生をできるかぎり救う、という視点は、まったくなかったのだろうか。じじばばの説話によると、それはたぶん、害者の家族の今後の長い人生の救い、そして充実にもつながる。

仕返しがまずいのは、自分を彼らの同類地平に置いてしまうからだ。

本当なら、より高度な人為であるべき法や社会が、相手と同じこと(人殺し)して悦に入るとは、…。

 

 

| | コメント (10)

2022年7月24日 (日)

今月のポジティブ(220724): イサク・ディネセン「アフリカの日々」

「白人なら、耳ざわりの良いことを言いたいとき、『あなたのことを忘れられません』と書くだろう。アフリカ人はこう言うのだ。「私たちのことを忘れられるようなあなたではないと思っております」

正しいコミュニケーション理論のためには、<自己と他己の位相認識>が重要、と最近思い始めていて、あらためてロックなどブルース系の音楽から浸透してきた黒人文化〜アフリカ文化のそれが気になっている。

上の短い引用文が、実はすごく感動的であることは、「アフリカの日々」の第一部を読めばよ〜く理解できる。猛暑の中の読書として、おすすめです。

 

| | コメント (5)

2022年7月 9日 (土)

またまた行政の不作為天国

これまでも、熱海市の大量の土砂をいつまでもどけない/土留工事もしない、とか、地震津波常襲地域の海岸に原発〜宅地開発を作る、とか、もはや失敗がデフォルトと化している児童虐待の救助などなど、不作為が大好きな彼らの人生哲学について触れてきたが、今回は露骨にひどすぎる。なぜ、車道を渡ってきてターゲットの背後に回り込んだ犯人を、そのときいち早く接近し職質・持ち物検査せんのか。およそ、プロのSPの態度ではない。その時点で、無害な善人と信じられる証拠は、得られていない。なぜ見逃すのか。

 

| | コメント (4)

2022年6月23日 (木)

今月のポジティブ202206r2: 社長が会社の柱なら末端パート労働者も同じく柱(どっちも欠かせぬ)

パプアニューギニア海産の労務管理改革

そして

その社長の著書

管理者/被管理者という権利落差のない「おみこし的」な組織が展望される。展望だけでも、革命的ですばらしい。

 

| | コメント (3)

2022年6月19日 (日)

食べログ問題とネットワーク社会の正規化

今日なお、インターネットユーザーの多くが、「ネットワークのノードはそれぞれ平等互角に一者である」ことの認識と自覚を欠いている。

一者であることの認識と自覚があれば、たとえば、食べログというサイトを権威視する必要はなく、実際、権威でもなんでもなくて、ただ、「食べログという名前のサイトがたまたまABCというレストランをネガティブに評価している」という、無味無臭な事実が残るだけだ。ABCレストランの評価については、ネットワークユーザーは、もっとほかの評価サイトや個人グルメサイト等を見て総合的に評価すればよい。

特定の一者サイトが、どんなアルゴリズムを使っていようが、そこにどんなユーザーの評価が集まっていようが、最近、評価点を得るためのアルゴリズムをどう変えていようが、すべてはその一者の自由であり、自由な一者に対して裁判で弁償金を請求するなど、典型的にネット音痴の、とんでもない話だ。いやしくもネットワークユーザーは、たった一者のサイトの評価など、『参考にする』程度にとどめるべきであり、それに自己の行動を完全に左右されるべきではない。

「食べログはこう言ってたけど、XサイトやYサイトの評価は良かったぜ、ABCレストランの評価については、Pさんもおもしろい話をしていたな」、ネットワークのこんな相対的な利用の仕方をしっかりしなけりゃ、いつまで経ってもきみたちはネット幼稚園だ。たったの一者に、それだけに、行動を決められるなんて。

特定の一者を、権威者扱いしてはならない。ネット上に権威者はなく、むしろ、すべてが相対者である。権威者扱いするから、損害賠償とかおかしな話になってくる。何をどうしようが、堂々たる相対者としての一者であり続ければ、それでよろしいのじゃ。

市役所の回覧板サイトのようなものは、複数あって内容がバラバラでは困るが、レストランの評価なんてむしろ、多様でないと困る。ユーザーはそれらを見て、自分の好みに合った店を選べる。

食べログの場合は、自己を相対化できず、むしろ権威者のような、間違った位置づけをユーザーともども選んでしまったのが、錯誤の第一歩だった。この不健康な錯誤は早急に修正する必要があり、そのためには食べログ(やその他のレストラン評価サイト)は、各店の評価点の近辺に主な他サイトの評価への小さなリンク集を置くことを、義務化するとよい。そうすれば一箇所から、複数サイトの多様な評価を知ることができて、ユーザビリティーも大きくアップする。

 

 

 

| | コメント (0)

«うーむむむ…